堀越英美『女の子は本当にピンクが好きなのか』を読んだ

女の子は本当にピンクが好きなのか (ele-king books)
堀越英美
Pヴァイン (2016-02-26)
売り上げランキング: 6,239

GW帰省で読もうと持っていった本はこれと真魚八重子さんの『映画がなければ生きていけない』だった。このところのこうした同時代の女性ライターによる単著(僕が読んでいるところだと雨宮まみさんやジェーン・スーさんなど…どなたもこうして一絡げにされるのは好まないと思いますが)には輝かしさというか、自分たちの世界のことを自分たち自身で、しかもほかの権威に依拠せずに言葉にしようとする誠実さにあふれいて大変素晴らしいとおもうのだけど、ひるがえって見ると同様の共感を感じる男性のライターにはあまり思い当たらない。強いて言うと林雄司さんとかブルボン小林さんとかなんだけどちょっと違う感じもする(それぞれ別の顔で権威を保持している面もあるし)。

本はといえば期待した通りおもしろくて、ピンクという色が過去にそこまで役割をもたない色だったにもかかわらず、次第にその色とそれに象徴されるステレオタイプが「女性の社会的可能性に対する足枷」として定着する歴史(第1章)やそのステレオタイプに対する反逆運動としての「アンチ・ピンク」の歴史(第2章)は、あまりにも当たり前に存在するように見える価値観を裏返して見せられるようなスリルがある。他方ピンクという色が(とくに女児に対して)事実持つ吸引力や、女児や女児の友達同士がより受け入れやすい要素(ファッションアイテムとか、ストーリー性とか)をうまく使うことで、ファンタジックなプリンセスから知的でクールな女性へとロールモデルの橋渡しをしようとする「女子向けSTEM教育玩具」の最先端事例の紹介もおもしろかった。でもやはりとりわけ響くのは、まるで国民の半分が閉じ込められているような日本の「ピンクの牢獄」について、高畑勲『かぐや姫の物語』に例えながら語られる四章だった。

小学生の頃は誰にも教わることなく図書館で借りた本を見ながらBASICのプログラムを楽しんでいたし、微積分だって解けたのだ。今となっては微積分の意味さえわからない。残業の多い正社員の職は妊娠前に辞し、今は二児の育児をしながらフルタイムの派遣社員として働いている。私はきっと、典型的な日本女性の生き方をしているのだろう。結局三角関数を活用したのは、小学生時代の趣味のプログラミングだけだった。

- 堀越英美『女の子は本当にピンクが好きなのか』 第四章「ピンクカラーの罠 日本お世の社会進出が遅れる理由」

そういえば、著者のデミさんはScratchを使ったプログラミング入門書も準備してるという話を風の噂で聞いていたけど、あれはどうなったのかな? 


池袋防災館

東京消防庁<防災館・博物館><池袋防災館>地震体験・防災体験・防災教育・防災訓練

次男がインフルエンザで家から出られない週末に、長男を連れて行くところに困って行ってみた。いちおう予約を入れていったけど防災体験ツアー(ショートコース)参加者は2組5名くらいで少なかった。

わりと大規模な地震体験装置があるのが目玉なのかな。過去の大地震の揺れを疑似体験できて阪神淡路大震災を子供と、東日本大震災を一人で(こちらはかなり揺れが大きいので子供はなしということらしい)体験した。東日本大震災はたしかに凄い揺れで、わかっていてもテーブルの足につかまるのが精一杯という感じだった。これは体験しておくに越したことはないという感じ。


イオンモール幕張新都心の「カンドゥー」にたどり着かなかった

イオンモール幕張副都心にある「カンドゥー」という仕事テーマパーク(要はキッザニアみたいなやつ)がわりと空いているという情報を見たのでじゃあ行ってみるかと思って思いつきで向かったんだけど、イオンモール幕張副都心はすごい広いうえにようやくファミリーモール(モールの端のファミリー向け店舗ゾーン)に辿り着いたところで昼食を求めてフードコートに寄ったら、隣にある「東映ヒーローワールド」に次男が吸い寄せられてしまい、結局その奥のカンドゥーにはたどり着かなかった。この離脱率の高さからカンドゥーが空いているのではないか…

とはいえ、東映ヒーローワールドはこの手のものとしてはわりと充実したテーマーパークでたいくつせず遊べた。あとで見たらナムコ(バンナムじゃなくてテーマパーク開発運営にしぼって屋号を残してあるほう)が運営してるのね。


Kid's US.Land小倉店

高山に帰省してた時に行った「Kid’s US.Land」という室内遊園地のチェーンが調べたら小倉駅前にもあったので行ってみた。高山の店がなにか特殊だったりするのかもと訝しんでたんだけど、小倉でもだいたいおんなじ感じの店内だった。ゲームもテクノドライブがあったりして(ほかのもほとんどナムコ筐体だった。太鼓の達人とか)ポイントが高かった。


カップヌードルミュージアムに行った

!!! CUPNOODLES MUSEUM

こないだの週末に飛び込みで行ってみた。最近まで知らなかったんだけど2011年にできたものなのね。最近できただけあって施設としてはおしゃれで子供も楽しめるようになっててなかなかよいのだけど、カップヌードルを発明した安藤百福の発想力に学んでクリエイティブになろうという趣旨の体験型展示「クリエイティブシンキング・ボックス」は美術作品からインスピレーションを受けてテンマナを変えてアイデアを展開しましたというような広告代理店的な発想でつくられた展示ばっかりで、永続性のある記念館的な施設でこういうもの出せる無神経さ悪い意味ですごいなと思って見た。

とくに微速で動くLED光源が床に置かれたオブジェの影を暗室全体に大きく映すというどこかで見たような特徴的なアイデアをほかに何の工夫もなくそのまま使った展示(確認してないけど制作協力とかではないと思う)のテーマは「発明はひとりじめせずみんなにつかってもらったほうがよい」というもので、おそらく安藤百福の言葉であるらしいその言葉が書かれたオブジェの影をLEDが部屋いっぱいに映し出すようになっていた。最高に皮肉である意味必見。


子育てHacks:1

子供のお菓子についているシールはティッシュボックスに貼ってよいことにすると、面がたくさんあって貼りがいがあり、しばらく目にして楽しめ、親としては定期的にフラッシュできて便利


kid's US.Land

kid’s US.LAND

帰省してるときに行ったショッピングモール(アピタ飛騨高山店)にあったので行ってみた。いわゆる室内遊園地というか、おもに未就学児が遊べる遊具があって保護者といっしょに入って時間で課金されるタイプの施設は最近の大きいショッピングモールだとだいたいあってよく利用するけど、この「Kid’s US.Land」は規模が大きいうえ中の設備がかなりカオスでおもしろかった。幼児向け遊園と漫画喫茶とカラオケとゲームセンターと釣り堀とテーブルスポーツセンターがいっしょになったみたいな。

この写真だとよくある室内遊園地って感じになってるじゃないですか。すべり台とかボールプールとかあって。なんだけど、これの後ろ側を見ると、

漫画喫茶になってるという。手前に見えるようにマッサージチェアが何台も置いてあるあたりにサービス精神の底しれなさを感じます。この写真の右手に個室に区切られたカラオケルームが何部屋かあって、左手を見ると、

ゲームセンターだという。僕がここで一番感銘を受けたのはここにあったゲーセンのゲームが完全にフリープレイだったことで、こういう業態(時間課金で、中にあるゲーム機はフリープレイみたいな)でアーケードゲームがプレイできる環境って見たことないし、遊園地だってフリーパスで入ってもコインゲームは別で有料じゃないですか。だからなんていうんですか、楽園感というか。僕はアーケードゲームがフリープレイっていうだけでこんな動揺するくらいの自由を感じるんだなと思いましたね。思わず文体も変わってしまったけど。

動揺してゲームは細かくチェックしてないけど(子供見てたし)レースゲームとかガンシューとかバーチャロンの筐体に入ったガンダムゲーとかがあった。テーブルゲームは「テトリス(セガの)」と「ファイナルファイト」とあとメタルスラッグとかでラインナップがそもそも(僕みたいな)親世代を狙っているのかもしれない。上記以外にも金魚が釣れる釣り堀(これだけは有料だと言っていた)とか卓球台とかビリヤード台とかがあった。屋上遊園地とかによくある電動のミニ電車とかメリーゴーランド的な乗り物もあったんだけど、それらはそばにある制御コンソールの「作動ボタンを押している間だけ動きます」という仕様になってた。危ないよ!

親と来てたからあんま長居しなかったけど、歯止めがないといくらでもいられるような施設で恐ろしい。


中室牧子『「学力」の経済学」を読んだ

「学力」の経済学
「学力」の経済学
posted with amazlet at 15.10.06
中室 牧子
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015-06-18)
売り上げランキング: 102

Webメディアの教育経済学の記事でよく見る中室さんの本を読んでみた。実用的なとこ(自習には親ないし親近者がそばで見ているとよいとか、少人数学級は対費用効果が高くないとか)は記事で読んだものくらいで、教育経済学の考え方の紹介と海外での成果と日本での進めずらさについてという感じの内容。日本での推進の壁は高いだろうなー。


家族でこどもの国に行ったKPT

Keep

  • わりと近い、道路も混んでなかった
  • 駐車場がなくて路頭に迷いかけたけど近郊のスーパー(スーパー三和)を利用できた(買い物をそこそこすると駐車料金も無料になった)
  • こども動物園が子供にわりとささっていた(「孔雀って飼えないかな?」って言ってた)

    Probrem

  • 次男、初車酔い(レンタカー車内で戻さなくてよかった…)
  • 連休中は混みすぎあんま行くもんじゃない感じだった
  • こどもの国はキックボード禁止で園内で乗れなかったのが残念

    Try

    • 連休中は行かない
  • 次男に酔い止めを飲ませる

家族で昭和記念公園(とIKEA立川)に行ったKPT

Keep

  • 昭和記念公園とIKEA立川はほぼ隣なので寄りやすかった
  • IKEA立川は最近できた店舗だからかショールームの展示が日本の住環境に合わせてある感じでよかった
  • こどもの森はかなり遊びであって子供的にはかなり満足ぽかった
  • 臨時バスの音声ガイドが大人向け(当日の入場者数予想とか、途中通るバックヤードについてとか、箱根駅伝予選会の観戦ポイントとか)でおもしろかった

    Probrem

  • IKEAの隣とはいえかなり歩くのでへとへとになる
  • 立川遠いし中央線混むので帰りがしんどい
  • こどもの森からパークトレイン(機関車型の周遊バス)に乗るにはかなり待つ必要がある(ほとんど降りないので10分間隔でバスが来ても毎回5名前後しか乗れない) バスそのものが歩くのと同じスピードなので待つより歩いたほうが早い
  • IKEAの託児所(スモーランド)はオープン直後でもかなりすぐ埋まるのであまりあてにできない

    Try

  • 昭和記念公園はキックボードがOKらしいので車で行くなら持っていきたい
  • レインボープール、水浴び広場もいってみたい