『越後妻有アートトリエンナーレ2018 大地の芸術祭』を見た

大地の芸術祭の里 http://www.echigo-tsumari.jp/


ここ数年続いているゼロベースの社員旅行で今年は大地の芸術祭に。越後妻有アートトリエンナーレは行ったことなかったのでうれしい。新潟に入るのも人生初めて…と思ってたんだけど中学生の時にボーイスカウトのジャンボリーで行ってたみたい。

Image

今年もツアーディレクションはイガラシさん GoogleDocsによる労作のしおり

初日は新幹線で越後湯沢駅に到着し、清津峡渓谷トンネルの作品を見た。新潟ほぼ初めてなので清津峡もまったく知らず、このトンネル芸術祭のために作ったの? と一瞬思ったけど当然そんなわけはなく、

かつてあった遊歩道が落石の危険のため閉鎖されたのち、天然記念物である峡谷を破壊せず安全に鑑賞するために峡谷の各観覧ポイントにアクセスするための作られたトンネルを、大地の芸術祭とのコラボリニューアルとしていくつかの作品をインストールしたということらしい。なんかこのトンネル自体がちょっと合理性から離れたものなのではないかという感じがあって(観光用というより土木のにおいがするわりに出口がないとか)、各ポイントに作品が置かれることでトンネル自体がはっきり作品化したことになる今回のリニューアルはよいものだったんじゃないかなと感じた。

Image

Image

二日目はオフィシャルガイドツアー(シャケ川のぼりコース)に参加。各所30分とかスポットによっては16分とかで慌ただしく見回るいわゆる団体バスツアーは久々で新鮮だったものの、やっぱり作品鑑賞としては興を削ぐところは大きいなと思った。シュー・ビン(徐冰)「裏側の物語」とかもっと長く見たかったなー。

Image

うぶすなの家のアニメ美術感すごかった