『KNS目隠しラジオ』がいい

KNS目隠しラジオ|note


最近GbMのTシャツデザイン作業での過活動を経て「モ作」にアップグレードしたらしい鍵っ子が「今度デジオやりますよ」と言ってて、それがヌケメさんシシヤマザキさんとの3人番組『KNS目隠しラジオ』だったんだけど、それをようやく聞いたところすごい面白くて一気に全部聞いてしまった。

これ聞くまでわかってなかったんだけど(よく見るとnoteの最初に書いてあるけど)、「目隠しラジオ」というタイトルは単なるおどけたネーミングじゃなくて「パーソナリティ3名がそれぞれアイマスクで目隠しをした状態でトークする」という番組コンセプトをそのまま表したもので、番組第1回はその「目隠しをしたままトークをするという体験」についてのトークになっている。

KNS-2-1 初めての目隠し!プレ雑談|KNS目隠しラジオ|note

1回分のトーク(みんな目隠ししてるからなんだろうけど、10分ごとにタイマーを鳴らすようにして収録を区切っていくという番組のルールになっているみたい)全編、三人が三人とも目隠しトークという体験の予想以上のおぼつかなさにひたすら戸惑っているだけなんだけど、何故か番組として成立してるうえ圧倒的におもしろく、いきなりつかまれてしまった。ほかの回を聞いても思うけどお三方の相性のよさとおもしろいことに対する感度の高さ、そして共通する品の良さのようなものが出てるとこ(目隠しの効果によるものかは不明だけど)がこの番組のよさなんだろうと思う。続きも期待しています。