『BATTLE GAREGGA 20TH MEMORIAL BOOK BLUE SCAPE』を読んだ

プレミアムエディション | バトルガレッガ Rev.2016 / M2 Shot Triggers


M2の『バトルガレッガ Reb.2016』は買うつもりではいたんだけど、ガレッガというゲームにそれほど思い入れがあるわけではないので通常版でいいかなと思っていたところ、ミカドのイベント「ガレッガナイト」で大塚ギチさんがプレミアムエディションに収録されるブックレットについて「雑誌編集者として本気で作る」と宣言されていて、それはちょっと見てみたいなと思ってプレミアムを予約していた。

内容はたしかに90年代のゲーム(とくにアーケードゲーム)雑誌を思わせる内容になっていておもしろかった。「ムック本にはこの判型が必要」とムリヤリプレミアムエディションの箱を大きくさせたとのことだけど、「ゲームのプレイ画面の管面撮影写真」の持つテンションというのは確かにあって、これが見せたかったんだなというのを随所に差し込まれたゲーム画面の大判グラビアに感じた。並木さんのサウンド周りのインタビューも、アーケードゲームのサウンドドライバについてこんなに詳細に触れられた記事はあまり読んだことがなくて興味深い。他の会社のゲームで使っていたサウンドドライバをもってきて使ったりしてたんだな。当時は大らかだから気にされなかった的なことなんだろうか。