ハウステンボス旅行

夏の終わりの旅行で長崎ハウステンボスに。ハウステンボスは高校の修学旅行のときに行っていて、1992年の秋なのでわりとオープン直後に行ってたことになるみたい(当時はよくわかってなかった)。エッシャー館の3D映画を観たくらいしか覚えてないな。あと当時加藤 総夫・久住 昌之『脳天記』の影響でステレオ写真にはまっていて、園内で写ルンですを2つ並べてステレオペアの写真をいろいろ撮っていた。ちなみにその写ルンですはラボに現像に出したらフィルムごとに微妙に引き伸ばし率が変わってしまいステレオ写真として見れなくてがっかりした。

ハウステンボスは最近の遊園地にありがちな話題になりそうなことは何でもやる方針(それで業績が上がっているみたいだからえらいけど)でゲームミュージアムができたとかロボット館ができて実物大イングラムが常設されたとか聞こえてきていたのでどんなもんかなと思っていたけど、地方遊園地らしいゆるさで展開されており変に期待するとがっかりするかなという感じ。ゲームミュージアムだとハングオンとアフターバーナーIIは展示のみで稼働してなかった(まあ常時稼働していたら間違いなく壊れるから無理もない。そうでなくても施設が港にあるから劣化が大丈夫なのかなと思った)。520インチのプロジェクションモニターで釣りをする「釣りアドベンチャー」は設備的にもよくできてておもしろかった(子供も喜んでいた)のでわりとおすすめ。