『MAKING MAKE プロトタイプの制作絵巻』を見た

MAKING MAKE プロトタイプの制作絵巻

デジティミニミに行く前に見てきた。山中研究室の研究展示これまで見逃し続けてて残念だったんだけど今回初めて。東大駒場リサーチキャンパスは平日の研究施設っぽく静かで(平日の研究施設なんだけど)その雰囲気もよかった。

サブタイトルの「Picture Scroll of Prototype Making(プロトタイプの制作絵巻)」というのがちょっと変わっているなと気になっていたところ、展示を見たら文字通りで試作を繰り返して少しづつ前進していくものづくり研究の過程をまだ完結しない絵巻物のひとくだりとして示すというのがコンセプトのようで、ロールから引き出された長いクラフト紙のうえにいくつものプロトタイプが置かれ、それに沿って制作のドキュメントや鉛筆描きの設計スケッチが描かれているというたいへんに凝った展示になっていた。クラフト紙のうえに置かれた3Dプリンタの出力物はまったく安っぽくなくひたすらかっこよく見えるのもいい(それが狙いなんだと思うけど)。それぞれのプロジェクトの内容も興味深かったけど展示が印象に残ったな。