家庭内マインクラフト事情

少し前まではスーパーマリオメーカー(とあと妖怪ウォッチぷにぷに)をプレイしていた長男が、インフルエンザの自宅待機で暇を持て余していたころに自分の小遣いを出すからWiiU版のマインクラフトを買うというのでダウンロード購入したところ、それ以降ほかのゲームには目もくれず毎日プレイしている。

最初のあたりは操作方法を教えたり進め方がわからないところをネットで調べて教えたりしてたんだけど、WiiU版はPC版のかなりベタ移植(よく知らないけど正確にはアイテムの作り方とかが簡略化されたPoketEditionがベース?)らしく、コンソールゲームとしてはかなり問題ある感じ(チュートリアルの説明ウインドウが異常に早く消えるのには閉口した)。ボタン操作のHUDとかウインドウメニューとかは日本語も出るけどゲーム内で出るユーザー名とかはひらがなで書いてあると豆腐しか出ないとかローカライズも微妙…なんだけど、いったんマインクラフトに「住んで」しまえばそんなことはどうでもいいことみたい。見た目のチープさに比してルールベースのサンドボックゲームとしてすごいよくできていて、これは時間が無限にあったらはまるよなーと思った。

と思ってたら、つられてうちの奥さんがはまった。WiiU版はWiiU Proコントローラがあれば最大4人まで画面分割プレイできるようになっていて、ちょっとやってみたいと奥さんが参加してみたら琴線に触れる部分があったらしく、以後は毎日家族2名が二重生活をしている状態になっている。奥さんは地面を掘って鉱物を掘り当てるのに癒しを感じるそうで、日々坑道を伸ばし続けているみたい。

おもしろいのは、後から参加した奥さんに対して子供がやたらと世話を焼いたり「魔物が出てきて危ないから暗くなる前に帰ってこい」とか保護者みたいなことを言ってて立場が逆転してるとこ。