Apple World Wide Developer Relation証明書の期限切れ

Adhocビルドをdeploygateで配信しようとしたら、有効なiPhone Distribution  Certificateがないというエラーに。先週末は問題なかったのにと思いつつ調べてみると、Apple Developerライセンス自体が切れているわけではなく、iPhone Distributionで発行している証明書もまだ有効期限内。しかしKeyChainアプリで証明書を見ると「証明書の発行者が無効」というエラーになっていた。証明書のプロファイルを見ると、中間証明書であるApple World Wide Developer Relation Certificateが期限切れになってた。調べてみると2/14に切れてAppleDevで発行した証明書が一斉に無効になったらしい。こんなことがあるのか。

【注意】Apple Worldwide Developer Relationsの期限切れ - Qiita
Uploading archive error: “Missing iOS Distribut… | Apple Developer Forums

新しい中間証明書は2023-02-07までなので、前に切れたのも7年前だったならiOS開発者は初めて期限切れを経験したとかなのかな。