『SWITCH Vol.34 No.1 ◆ ゲームの30年 1985-2015』を読んだ

SWITCH Vol.34 No.1 ◆ ゲームの30年 1985-2015

スイッチパブリッシング (2015-12-20)

わりとちゃんとゲームの(正確には「日本のコンソールゲームの」かな)30年を興味深く掘り下げた特集になってておもしろかった。さやわかさん選のゲーム関連本ガイド「ゲームを考える10冊」がしぶい。

あとスプラトゥーン開発者インタビューでの天野氏の発言「新規IPではダジャレ重要」が説得力あった。ゲームには動詞の発明だけじゃなくてダジャレの発明も必要なんだな。

天野 最初から「尖ったものを作ろう」という意識はありましたが、そうすると全く刺さらなかった人には「自分には関係ない」と思われる可能性もあります。今回はゼロから作っているのでなおさら、「ダジャレでもいいから、そうである理由をつける」というのは、すべての領域で意識しました。

天野祐介 - 『SWITCH Vol.34 No.1 ◆ ゲームの30年 1985-2015』 Splatoon開発者インタビュー