『セガ3D復刻アーカイブス』をプレイした

セガ3D復刻アーカイブス1&2 ダブルパック
セガゲームス (2015-12-23)
売り上げランキング: 702

当然買っている(1は買ってなかったからダブルパックで買った)んだけどなかなかプレイできてない。

復刻アーカイブ2の目玉「パワードリフト」3D復刻版をちょっとプレイした。セガ体感ゲームシリーズのラスボス的に数々の移植できなかった伝説も持つゲームだけど、これを3DSで3Dの60fps(つまり120fps)でしかも音源エミュレートも含めて完璧に動作させるのは偉業としか言いようがないな。すごい。

ゲームとしては難しいしそもそもものすごい荒削りなゲームなのでなかなかうまくプレイできたというところに到達できないけど、改めてプレイしてみて思ったのはゲーム展開の異常なほどの性急さで(ゴール後そのままリザルト画面が慌ただしく表示され、あっという前に次コースがスタートする)、振り返ってみるとこのゲーム展開のシームレス感は『ハングオン』以来『スペースハリアー』『アウトラン』『アフターバーナー』と体感ゲームシリーズに引き継がれている特徴で、技術的にも高度でかならずしも必然性がないことを考えるとやはり鈴木裕さんの作家性といえるのかなと思った。

あと『メイズウォーカー』もゲーム雑誌の紹介でおもしろそうだなと思ってたからプレイできてうれしかったな。フロアが画面奥側に進んでいくのはぐっときた。欲を言うとあのパイプのねじれた形のフォントも3D化してあったりすると「流石!」だったんだけど、まあおまけゲームですからね。