唐木元『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』を読んだ


なんというか、「クリアな文章を書くための方法」がここまでクリアな文章としてまとまってるのというのが価値だと思う。文章を量産するための方法論もすごく具体的でおもしろいんだけど、後半で書かれた文章を読みやすくするためにどういう表現を避けるべきで、他方読み味を際立てるためにどういう表現が使えるかというテクニックの解説がとくにすごい。そのような文章表現が読み手にどういう印象をつたえるのかがきわめて的確に、皮膚感覚的な比喩とともに解説されていて、たしかにこういう感覚で表現を選んでいるんだなと意識させられて刺激的だった。