授業グループウエアとしてのサイボウズLive

これまで授業での情報共有にはながらく(7年くらい)qwikWebを使っていたんだけど、去年の秋にサービス終了が告知されて今年からは別のものにしないといけなくなった。

ちょうどそれを考えていたころ参加した「wikiばな同窓会」という飲み会にて、ただただしさんとその話(qwikWeb終了)になり授業での情報共有に向いたサービスとかないもんですかねと水をむけたところ「サイボウズliveとかでいいんじゃないの」と提案され、しかにwikiとかでなくてもふつうのグループウエアでいいのかと思って今年は試しにサイボウズLiveを使ってみた。授業も終わったのでふりかえり。

授業の情報共有では

  • 受講者への積極的な通知(休講情報とかのわりと緊急に全員に伝えたいこと)
  • 毎週の授業の講義録や資料などの共有
  • 毎週のプログラム課題の提出

などをおもにするんだけど、資料の共有とか課題の提出はそんなに問題なかった。サイボウズLiveの掲示板はファイル添付とか添付されたファイルやURLのプレビュー機能がわりと充実しているのがなかなかよかった。ただやっぱコメント追記型の掲示板なので、コメントの再編集ができないので添付忘れとかがあってコメントが入り乱れてしまったり、提出された課題にあとから返信してもコメント同士が離れてしまうのでいまいち情報としてストックされていく感じにならないのは使いにくいなと思ったところ(いちおう機能としては掲示板のヘッダ部分にWikiのように継続的に情報をメンテンスしていけるような仕組みが用意されているんだけど、今回の使いかた的にはあまり役に立たなかった)。

意外と向いてなかったのがグループメンバー全員への積極的な通知の方法がないことで、qwikWebは基本的にMLなので連絡事項がちゃんとサブジェクトの付いたメールとして流れるのがよかったんだけど、サイボウズLiveでそれをしようとするとメンバー全員を参加されたチャットルームを作ってそこに連絡事項を投げるくらいしかないのかな? しかもそれの通知は新着情報のチャットの新着発言1つとしてメールなどで知らされるだけなので、あんまり緊急連絡にならない。アプリをインストールしていればプッシュ通知されるだろうけど、半期の週1の授業のためにあんまりアプリいれないよね。連絡がチャットメインというのはマシンが起動しているときは常ににタブが開いておくようなふつうの仕事で使うぶんにはいいんだけど、学生に週1の授業で使ってもらう(それ以外のタイミングではサービスがほぼ見られない)というユースケースだとあんまり有効じゃない感じだった。

というわけで、来年も引き続き使うかというとちょっとどうかなという感じだった。