フレームワーク化が必要

第14回で、前期最終課題の制作日。学生の出してきた企画を軌道修正しながら、プログラムの制作に入ってもらうんだけど、やっぱりプログラムをどこから手をつけるか、という問題分割の考えかたはうまく伝えられていないようで、最初から乱数を使うプログラムを作ろうとして悩みはじめたり、直近習ったプログラムの書きかた(ファイルを分けた複雑な関数の使いかたや、配列など)に縛られてしまっていたりした。うーむ。ちゃんと完成形のプログラムの前段階のプロトタイプを制作することを課題に盛り込んだり、ワークシートに書き出させたりするようなフレームワーク化をしたほうがよさそうなので来年度はそうしていきたい。