歯医者(通院二回め)

話の長い歯医者さん二回め。前回同様麻酔を使わず(渋谷のどまんなかの歯医者なので平日空き時間で治療する人も多くてそういった配慮なのかもしれない)、摩擦で痛みが出やすい高速ドリルを使わず、ダイノグデントで虫歯の除去状態を何度も何度も確認しつつ低速ブラシで少しづつ削る、という治療方法で、これまで受けた歯医者の治療はいわゆる麻酔うってがりがり削って埋めてしばらく口の中がじんじんする、というのが当たり前な認識だったので新鮮。継続的インテグレーションっていうか。