3Dガンスターヒーローズをプレイした

3D ガンスターヒーローズ |セガ 3D復刻プロジェクト

じつはこれまでまったく縁がなくて『ガンスターヒーローズ』は自分でプレイしたこともないばかりか身近でプレイを観たこともプレイ動画を観たこともなかった(発売当時ゲーム屋の転倒でデモを観たことがあるくらいかな)、ということにダウンロード購入する段になって初めて気がついた。セガ×M2の3D復刻シリーズの中でプレイしたことないのを買うのも初めてだった。

なので、スクリーンショットなどで自分が想像していたゲームとちょっとづつズレがあった。あ、ライフはポイント制なのねとか。もっとスムーズなアクションシューティング的な内容を想像していたんだけど、どちらかというとベルトスクロールアクションの文脈で銃撃戦だけじゃなくてつかみとか投げとかがある泥臭い肉弾戦な感じなのねとか。いまの目で見ると古臭さは否めない(というか当時としてもスマートだとは言い難いシステムだったんじゃないだろうか)けど、ラフプレーが楽しい手触りとノイジーな効果音はメガドライブならではの力強さだなと思う。

3D版としての出来はもう言うまでもないというか、この「ゲームのリマスタリング」というべき偉業には賛辞を惜しむ必要はないという感じなんだけど、できれば3DSの画面じゃなくてもっと大きなモニターで遊べたらいいのになとは思う。不思議とアーケードの3D復刻にはそれほど感じないんだけどメガドラソフトの3D復刻は特に。