『Open Middleware Report Vol.70』を読んだ

vol.70:Open Middleware Report Web:日立

前も触れた日立の広報誌「みどる(Open Middleware Report)」の最新号にして休刊号。毎回ながら今回もすばらしく充実した内容だった。とくに「みどるな介護のこれから」はとても背筋の伸びる介護の現場の話。

…というか、このみどるの各連載もっと読まれたほうがいいんじゃないかなと思うんだけどな。いつまでWebで公開されてるのかもわからないので今のうちに読んでおくべき。リンクくらい貼っておきましょうかね。


みどるな仕事を訪ねて 聞き手・文文:西村佳哲

  1. みどるな被災地支援 ETIC.の「右腕派遣」サポート
  2. みどるな会議進行 ミーティング・ファシリテーター青木将幸さんの話
  3. みどるな書店経営 大阪の三軒の書店さんを訪ねて
  4. みどるなオフィスづくり プロジェクトが生まれ、育ちやすい仕事場のデザイン
  5. みどるな障がい者施設の冒険 福岡の障害福祉サービス事業所「工房まる」を訪ねて
  6. みどるな会社をつくる パタゴニア日本支社の‶働くプロセスづくり″
  7. みどるな幼稚園づくり 狭山ひかり幼稚園の改築工事
  8. みどるな求人サイト 場所と人をつなぐ「日本仕事百貨」
  9. みどるな市議会議員 これからの‶コミュニティ″のあり方
  10. みどるな事業継続の試み 価値の遺し方、会社の渡し方
  11. みどるな介護のこれから 医療と治癒のあいだで

数理的発想法 聞き手・文:仲俣暁生

  1. ニコニコ学会βは〈野生の研究者〉を可視化する 江渡浩一郎
  2. コミュニティが〈アーカイブ〉をアップデートする 渡邊英徳
  3. 数学をめぐる〈対話〉を「物語」にする 結城浩
  4. 「弱い」ロボットが、新しい「人間観」を切り開く 岡田美智男
  5. 電子書籍の作家が心ひそかに抱く、「ラボ」への大志 藤井太洋
  6. セミとモンシロチョウが教えてくれた進化の真実 吉村仁
  7. 「連想検索」が文化や地域の記憶を可視化させる 高野明彦
  8. 「目に見えないもの」から天の川銀河の「地図」をつくる 本間希樹
  9. バーコードリーダーが「本」と「図書館」をオープンにする 川村奨・地藏真作
  10. 誰が発明したのかわからないUIが社会を便利にする 増井俊之
  11. 「物語」から遠く離れて科学と詩のほうへ 高野文子

中間小説集 文:円城塔


僕は新卒で入った会社が日立の子会社だったのでいかにも日立な感じの封筒で毎号社内便が戸塚から送られてくる感じがなつかしくもあり、内容的にも元日立グループ社員として誇らしいというか、在籍時にいい思い出ないのでむしろ日立のイメージが浄化されるというか、毎号届くと嬉しい感じでした。以後の情報発信は日立ITプラットフォームマガジンに引き継がれるとのことで、まあなんというか。

あと最後の最後に例によって円城塔さんと編集ebimayuさんのタイムラインストーリーがとり行われていたのでまとめておいた。