赤瀬達三『駅をデザインする』を読んだ

駅をデザインする (ちくま新書)
赤瀬 達三
筑摩書房
売り上げランキング: 6,319

この五十年ぐらいの間、多くの鉄道会社の駅づくりで、土木部門が本気で駅に集散する人々の快適さを考えたことはなかったのではないかと思う。

赤瀬達三 - 『駅をデザインする』

この本の写真で営団地下鉄時代のサインを久しぶりに見たけど、やっぱりよくできているなというのと、あらためて今の日本の主要駅のサインデザインは(この本でも徹底的に批判されているけど)ひどいというのを痛感した。でもそもそもサインデザインの問題ではなくて、駅に代表されるパブリックスペースについてのイメージや重要性の認識が乏しいのが問題なんだな(だからこの本は「駅をデザインする」なのだし)。