糖質制限

去年の9月から夕食だけ糖質制限食にするのを続けている。BCCKSの山本さんがダイエットのために糖質制限を始めるというのでその気になっていっしょに始めた。年末年始はなかなか守るのが大変だったけどなんとか続いている。

糖質制限ダイエットは食事で摂る糖質(ごはんやパン、麺などの主食類、甘味類など)を低く抑え血中インスリン濃度の急上昇を避けることで体脂肪を体内のエネルギー消費に回すように体質改善する方法なのだそうで、カロリーを制限するダイエットに比べて肉類、油については食べてもよいとされているのが特徴。僕の場合は夕食だけの制限なので、朝昼はふつうに好きなものを食べて、夕食については主食を食べないで食べたいものを食べる。

全食制限だとまた違うんだろうけど、夕食だけというのはわりと適度なレギュレーションで、ラーメンとか丼ものとかで適当に済ませられないし、そもそもごはんがついてこない(しかもおかずだけで満足できる)店を探したりするのがなかなかおもしろい。職場の近くでいうと肉屋の正直な食堂は食べられるメニューが充実してるうえご飯ぬきで頼むとサラダを2皿持ってきてくれたりしてたいへん重宝している。あとコンビニでせんキャベツとサラダチキンとおでん、みたいな最適化メニューを買い揃えてみたり。あとローソンは糖質制限パンとかのラインナップがだんだん増えてきていてうれしい。いろんなとこで話題の糖質0g麺も食べてるけどどん兵衛の麺みたいでうまい。

あと、夕食を制限しているといわゆる普通の食事は昼食だけになるので(朝食も食べるけどそこまで重いものは食べないわけで)、昼食もプレシャスな感じになるのもおもしろかった。「昼のうちに食べておくべきもの」というのがフォーカスされてくのね。

これで体重がどんどん減ってくれればいいんだけど、1食制限だけだと実際のところぜんぜん減らないです。