グロナビ

愚痴ぽいやつ。

Webは経験あるけどアプリは初めてですというディレクターとアプリのUIを決めていると、彼らがいわゆるグロナビ(全ての画面に共通で存在して好きなタイミングで主要機能にアクセスできるグローバルナビゲーション)をヘッダとかフッタに置きたがることがよくある。そういうのもできるけどアプリのナビゲーションの原則から外れるからデメリットが大きいしUIに矛盾も生じやすい、アプリの開発上この部分が決まらないと(進行がウォーターフォールだったりするので)手戻りが発生して工期的なリスクが高いからアプリの標準的なUIに寄せてほしいと伝えて納得の上で決めてもらい、開発に入ってしばらく猛烈にコーディングを進めたあと仕様書を見るとグロナビが元に戻っている、みたいな。

いろいろ原因はあるだろうけど、結局同じツール(excelで画面遷移図とワイヤーフレームをつくるみたいな)で設計するのが(特に経験ないときに)よくないのかな。どれだけ時間なくても数時間もらってペーパープロトで触ってもらうフェーズを設けるほうがよさそう。