webページの数字をルーズソックス数字に変換するbookmarklet(終了)

betsuyaku.png

デイリーポータルZサイト開設3周年 24時間ウェブもぶじ終了したようなので、bookmarkletは動かなくしました。お楽しみいただけましたか?

まあ単純なものなので、ソースを置いておくのでご参考にどうぞ。

ちなみにこの手の遊びは「document.body.innerHTML」で検索するといっぱいありますので、こういうのは一瞬で作って一瞬で飽きていくとよいと思います。

ついでに:デイリーポータルZ「ちょっと見てきて」

■せっかくデイリーポータルがらみなので、mixiに書いてたものも公開しておきます。

■デイリーポータルZが「ちょっと見てきて」という企画をやってて、これにちょっと、いやかなり感動しました。

昔すんでいた家の近くはどうなっているだろう。学校はまだあるんだろうか。昔よく買ったパンはいまでも売ってるのだろうか。
気になる場所を、近くに住んでいる人に見てきてもらおう。そして、あなたの家の近くにある「誰かの見てきて欲しい場所」の写真を撮ってきましょう。

という、だれかが気になっている場所を投稿して、だれかがそこに行って写真を撮ってくるという企画。この内容と「ちょっと見てきて」というタイトルがすでにいいんですけども、しかもこれ当然のごとく、GoogleMapsにマッピングしてあるんですよ。 これが、すごくいい。

なにがいいって、みんなGoogleMapsで「自分の場所の記憶」にはじゅうぶんにアクセスしたと思うけど、この「ちょっと見てきて」の GoogleMapsを見ると、「どこかのだれかの場所の記憶」にアクセスできるわけです。それはとりたててなんでもない場所なのかもしれないけど、そこを知っていて、今も気にしている人がいること。その「本来ぜったいに地図には載らない情報」が、いま世界一大きな地図の上で俯瞰できる。これ、ちょっとしたひみつ道具ですよね。

この投稿をマッピングした地図があるおかげで、この「ちょっと見てきて」という企画にコミットする方法がものすごく広がっているというのが GoogleMapsの使い方としてすごく正しいし、しかもこの地図が結果的にものすごくピースな表現になっているというのが本当にすばらしい。

こういう企画を考えてちゃんと実行してるデイリーポータルZの編集部はすごいなーと思いました。


Autostitchの間違った使いかた

autostitch.jpg

Autostitchというソフトを最近知りました。カメラを振りながら撮った連続画像をつないで、いわゆるパノラマ画像にするソフト。同様の処理はいまやたいていのデジカメに同梱ツールでついてそうな気がしますが、ふつうはなんからの手作業が必要そうなところがこれは処理が完全全自動で、それらしい画像を多数つっこんでやれば、なんとなく画像を作ってくれるというところが特色なんでしょうか。

せっかくなので試してみようと思ったんですがあんまりパノラマっぽい連続画像を撮ったことがなかったので、去年金沢21世紀美術館に行ったときに外周を回りながら撮影していた連続画像をつっこんでみたところ、ぜんぜんパノラマではないですが奇妙な画像ができました。なんかがんばって整合させようとしてるとこが泣ける。よく見ると建物のガラスに映った自分の像をキーにつなごうとしてたりして。

金沢21世紀美術館人力タイムスライス

去年の11月ごろ遊びにいった金沢21世紀美術館は、上から見ると建物が完全な円形をしていることで有名な美術館なんですが、構内に建物に沿って敷かれた遊歩道もあって、つまりこの道も円形になっているわけです。てことはこの遊歩道を数歩づつ歩きながら建物をデジカメで撮影していけば、円形の建物を周回するムービーができるなーと思ってやってみたんですな。当時サポートしてた映像の授業でデジカメでなにかのモノを周回しながら撮影してその静止画をタイムラインに並べて、いわゆる「タイムスライス(「マトリックス」にあるような、時間の止まった世界でカメラだけが移動するような効果を得られる特殊撮影)」っぽい映像を手作りするという課題を出していたんですが、これは21世紀美術館の人力タイムスライスというわけです。せっかくなんでムービーを公開しておきます。ダウンロードしてループ再生するとおもしろいかもしれません。


Modulobeで遊んでみた

modulobe.jpg

江渡浩一郎さんが現在産総研のプロジェクトで開発しているコンピュータ上でフレームを組み立てて仮想生物を作る物理シミュレーション環境「Modulobe」のbeta版がちょっと前にリリースされています。はまってしまうのは目に見えてるのでなかなか触れなかったんですが、夏休み的に時間ができたのでいろいろやってみました。

デスクトップで起動したらかなり致命的に落ちたので(ビデオドライバを新しくしたら直りましたが、原因はわかりません)しばらくノート(タブレットPC)で遊んでたんですが、タブレットだとかなり直感的にいじれてすごく楽しい。シミュレーションが重いのかCPUパワーをかなり(うちのTC1100だと常に計算率80%以上になります)使うのでバッテリを消耗する&本体が持てないくらい熱くなるのが残念。外で暇なときに遊べたりすると楽しそうなんだけど。

むかしプレステに「パネキット」というゲームがありましたが、あれをもうちょっとシンプルにした、というか、もうちょっとゲームっぽくなくした感じでしょうか(そのはずでパネキットのスタッフの渡辺kuniさんもModulobeの開発にもかかわってるそうです)。“シャフト”と呼ばれる骨組みと“リンク”と呼ばれる駆動部(つながったモジュールとの接合部を曲げる動きをつけられる)というふたつのモジュールを角度をつけながらうまくつないでいくと、ちゃんと物理法則にのっとっていろんな動きをするモノがつくれます。具体的に言うとシャフトの連結方式はパネキットで、リンクの動きの指定はsodaconstractorぽい(? そうでもないかな)感じ。慣れるまではけっこう難しいですが、しばらくいじってみてコピー&ペーストも活用できるころには(2,3時間くらいずっと触ってたんですが)、もうかなりシャフトの組み合わせる角度やリンクとの使い分けが頭に入ってきて、形が想像で作れるようになりました。いまも「あー、こうしてこうすると8の字走行する3輪車とか作れそうだなー」というアイデアが浮かんできてまた遊んでしまいそうです。

sodaplayなんかより環境の自由度が高いぶん、ここから先どうバージョンアップしていくのかが楽しみです。がんばってください!>etoさん