佐藤雅彦/菅俊一/高橋秀明『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』を読んだ

『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』 — 佐藤 雅彦 作 菅 俊一 作 高橋 秀明 画 — マガジンハウスの本


行動経済学の知見のおもしろさを伝えるのに「トンチの利いた痛快まんが」というフォーマットを使うという「ザ・取り合わせの妙」という本。こないだTRANSBOOKSの打ち上げ飲み会の席で菅さんとエクリの、っていうかここでは学習まんが アフォーダンスの大林さんがいて話をする機会があり、『ヘンテコノミクス』とか『学習まんが アフォーダンス』みたいに、安易な企画や単なるパロディではなく、難しいことがらを漫画というメディアの特性をフル活用して伝えるという、新しい「学習まんが」というものが他にも生まれうるんじゃないかという話がちょっとできてうれしかったんだけど、その意味でも『ヘンテコノミクス』はいい本でこういう本がもっとあったらしいなーと思う。

ただちょっと、これは作画の高橋秀明さんが漫画家ではないからという事情が大きいせいもあるだろうけど、『ヘンテコノミクス』のまんがはちょっとまんが自体としての魅力には欠けている部分があって(いい感じの話もあって、代表制ヒューリスティックを説明する『「         」の巻』とかは人を食った内容とトーンがマッチしてた気がする)、別のまんが家が描いてたらどうなってたのかなーと感じなくもなかった。

でいうと、まんがとはあまり接点のない分野の世界をまんがを使って身近なものとして伝えるというコンセプトも、たまたまだろうけど判型も似ている高野文子『ドミトリーともきんす』と比べて考えてみるとおもしろいかもと思った。


『大島智子 個展 パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』を見た

大島智子 個展 パルコでもロイホでもラブホでもいいよ


見てきた。大島さんやその作品はtwitterなりtumblrなり、あるいはtofubeats『No.1』MVでの被写体なりである時期以降のインターネットにふわふわと漂っているものだったなという思いはありせど僕自身はそれほど好んだり追いかけたりしていなかったつもりだったので、個展があると聞いて行くでしょという気持ちになったところが自分でいちばん新鮮に思えた。

男性にとっての生理の話題みたいなもので彼女の作品を軽々しくいいとかわかるとか言うのは危険だという感覚があるけど、今回の展示は完成作品と彩色前の原画が並べてあったことと、フォントで組まれた(きわめて繊細で理知的に見える)テキストと(こういってはなんだが、とてもつたなく見える)彼女直筆の文字が重ねられた画集冒頭のページにつながりがあるように思えたのが発見だった。

それはそれとして『No.1』のMVはいまだに強度あるなー


仲川麻子『飼育少女』を読んだ

#飼育少女 - ベビモフ|子育てはカラフル!マンガ+よみもの


講談社の女性誌『FRaU』編集部がつくってる育児世代むけのWebマンガマガジン(なんだと僕は思っているけど違うのかもしれない)で連載されている女子高生が生物の先生と水生生物を飼育するマンガ。このサイトがちょっと前まで『Baby!』って名前だったのが『ベビモフ』にリニューアルした記念で11月末まで全部読める。

流麗な絵で古くさい脱力ギャグが特徴というマンガだけど、なんか好き(アフタヌーンぽいのかな)。仲川麻子さんの他の作品はどうなのかなと思って前作『ハケンの麻生さん』も読んだけど、これはハートウォーミングすぎて(これはモーニング連載だからなのかな)ちょっと物足りなかった。

ハケンの麻生さん / 仲川麻子 - モーニング公式サイト - モアイ


今井大輔『セツナフリック』

今井大輔 | セツナフリック | Champion タップ!


新しめのSF漫画を探そうとこないだコミックナタリーの検索結果をしらみつぶしに見てたんだけど、それで見つけた7月にChampionタップで新連載になってた漫画。1話(自分の運が数値化されて自分の好きなタイミングでその運ポイントを使うことができる世界の話)も面白かったんだけど、ちょうど今日配信されてた2話(遺伝子レベルでの相性のいい相手が見つかる婚活サイトを使う女性の話)もおもしろかった。




野田サトル『ゴールデンカムイ』を読み始める

『ゴールデンカムイ』公式サイト│集英社


電子書籍でとりあえず1巻を(無料だったので)。なるほどこれかーと読んでたんだけど、途中で違和感を感じて手が止まった。なんかおかしいなと考えてみたところ、この漫画は見開きを横に割ったコマ割りが多用されていて、タブレットを縦に持った片ページづつの閲覧だとかなり印象が削がれていることがわかった。これまでほとんどすべての電子書籍漫画は片ページで読んできて、これほど違和感を感じたことはなかったんだけど、この手の少年漫画系のアクション漫画を読むことが少なかったから気づかなかっただけかな。


能田達規『マネーフットボール』を読んだ

【全1-7セット】マネーフットボール/能田達規 - honto電子書籍ストア


能田さんのマンガの読者からはドロップしちゃてたんだけど(『ORANGE』までは追っかけてた)、『カルチョビットA』もプレイしてて読むなら今かなと思って(あとhontoで芳文社コミックのポイントセールをやってたので)全巻買って読んだ。ふつうにマンガとしておもしろい。能田さんののマンガやっぱ好きだなー。


『逃げるは恥だが役に立つ』を読んだ

逃げるは恥だが役に立つ 海野つなみ | Kiss | 講談社|Kiss | 講談社|講談社コミックプラス


京都の漫画喫茶で子供を看病しながら読んだやつ。率先して買って読む漫画じゃないので漫画喫茶ならではのチョイス。こういうネームが多い感じの漫画なんだなーと新鮮。せっかくだからドラマのほうも観ようと思った。


南勝久『ファブル』1〜5巻を読んだ

ザ・ファブル(1) (ヤンマガKCスペシャル)
南 勝久
講談社 (2015-03-06)
売り上げランキング: 41,320

奥さんが職場の同僚に貸してもらったと家に置いてあったので読んだやつ。ヤンマガで連載中なんですな。表紙の作画はやたらハードなんだけど内容は脱力系のヤンキー日常漫画で、でも実際は無敵の殺し屋という話。たしかに面白いけどまだそんな親しくない同僚の女性にこの漫画をプッシュする人ってどういう人なんだろう。