日常のラベリング

MacroDroidで体調日記をつける [2015-02-14]で始めたPebbleで体調日記をつけるの、いろいろ変えながら続けている。もはやぜんぜん体調日記ではないような気もしてるけど。

good / nice / bad期

最初は「good!」「nice」「bad」の3段階で1時間ごとの自分の気分を入力することにしてたんだけど、平日の昼間は当然仕事中なわけで、仕事の途中だとgoodでもniceでもないよなーと思うタイミングが多かった。あとちょっと気が立ってるみたいなときもbadっていうのは選びにくかった。

happy / busy / bored / sigh / sad期

ふつうに仕事してるときの「busy」と仕事してないときの「bored」という区別に変えてみたら選びやすくなった。さらにに気分がよいときの「happy」とすごく気分が悪いとき用の「sad」を作って(pebbleアプリで上下ボタンのダブルクリックに割り当てた)、あとちょっとなんかなーという気分をすくうための「sigh」を設けた。

happy / busy / relax / sigh / sad期

ただしかし「bored」でもないな…と思って「relax」にしてみた。こっちのほうが選びやすい。というのが現在。

happy / sigh / sadはほとんど押さなくて、ほとんどの気分はbusyかrelaxになってるんだけど、でも実際はbusyとrelaxの間に忙しいってほどはないけどなんかしてる、という気持ちの時があって(移動中とか)、ここをもう一段階分けてもいいのかなと考えている。でもなんてラベルにすればいいのかよくわからない。「usual」とかかな。


MacroDroidで体調日記をつける

裴英洙 「なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか」という本で体調をセルフチェックするために自分の体調を定期的に継続して記録する方法が紹介されていて、ふーんと思ってとりあえず朝と昼は食事内容と一緒に体調を◯☓でつけるようにしている。いまのところ記録がどうということでもないけど。

こういうのPebbleで5種のアイコンから選ぶような感じの体調記録アプリにするといいんじゃないかなーと思ってたんだけど、Pebbleでの実現方法がなかなか面倒そうなうえ、MacroDroidというAndroidアプリを試用してたらわりとやりたいことが実現できてしまった。

MacroDroid - Device Automation - Google Play の Android アプリ

MacroDroidはいわゆるタスクオートメーションアプリでAndroidデバイスの操作やらセンサー情報をトリガーにして設定したアクションを実行できるやつ。専用のトリガー用pebbleアプリがあるのと、アクションにgoogle カレンダーにイベントが登録できるのがあったのでpebbleのボタンを押すと体調をあらわすアイコンをカレンダーに登録するタスクを作って1時間ごとに記録するようにしてみた。アイコンがならぶとなかなか楽しい(1時間ごとに記録をうながす通知もMacroDroidでpebbleに通知するようにした)。

MacroDroidは通知バーにもボタンを置いてタスクを登録できるので、pebbleは他アプリが起動中で使えないときはAndroidの通知バーからも記録できるようにした。

こうなるともうちょっと体調の詳細を書けるようにしたくもあるけど、1クリックで済むほうが続きそうなのでしばらくこれで続けてみる。