ドラム型洗濯機の故障

自宅で使っているドラム型洗濯乾燥機(NA-VR1100)が脱水の途中で止まってエラー(U13 エラー:ドラムのアンバランス検出)が出るようになった。洗濯物の量を減らしたりしてもかわらず、手でドラムを回してもひっかかりがあり音も明らかにおかしい。日々生産されるこどもの洗濯物が洗えないとかなり詰むのであわててPanasonicのサービスマンを呼んで修理をお願いした。

Panasonicのサービスマンは洗濯機を「この子」と呼ぶ感じの丁寧な方でいろいろ状況を教えてもらった。

  • 故障状況としてはドラムの軸受けベアリングが摩滅してドラムが傾いている状態で、裏を開けてみてもすでに軸から漏水してモーターが錆かけていた(=要モーター、ドラム交換)
  • だいぶ前から脱水時の音と振動がかなり大きかったはずとのこと。確かに…
  • 運転回数(見てなかったけどどうにかすると調べられるらしい)がすでに4000回を超えていて、8年でこれはかなり酷使している。同じような状態での故障で見たことがあるのは警察寮で柔道着をガンガン洗ってる洗濯機くらいとのこと。
  • メーカーの立場としては、ドラムを乾燥させてメンテナンスする意味合いもあるので、「洗濯乾燥機はちゃんと乾燥も使ってほしい」というのが本音とのこと。うちはここ6年くらいはほぼ乾燥機として使ってなかった。また洗濯完了後の余熱乾燥運転もフィルターが目詰まりしていると効果が薄くなるので乾燥を使わなくてもフィルター掃除をこまめにするべきとのこと。
  • モーター、ドラム交換は部品ふくめ4万前後でできるが、すでに8年経過した商品は補修部品が欠品しがち。モーター、ドラムは後継商品の部品を適用することもできるが、洗濯機の場合はフロントパネルのボタン部などで機種独自の補修部品が欠品すると修理ができなくなり、今回修理したとしても今後再度故障した際に修理できないリスクは高い。

などなど。部品を取り寄せるのに2月まで待たないといけないのもあり、今回修理はキャンセルして洗濯機は買い換えることにした。次はドラム型じゃなくて縦型を選んだ(といっても今の縦型は簡易乾燥機能があるのが主流なのでそういうやつ)


厄払い

新年に入ってぼこぼこ身の回りの機械が壊れると思ったら大厄だった。初詣はしてたけど別途厄払いもしておこうということで近くの神社にお願いしてきた。「四十余り二歳ふたとせ」とか言うのね。


荷造りひもを使いきった

おもに資源ごみのダンボールを束ねるのに使っていたコンビニの荷造りひもを今日使いきった。生まれて初めて使いきった気がする。真人間になったもんだな。


パイプフィニッシュその前に

身の回りのものがつぎつぎ調子悪くなると自分になにか問題あるのかと思ってしまうけど、Macbook Proが壊れたと思ったら今度は自宅の風呂場の排水が流れなくなった。

まあ風呂の排水口が詰まらなかったことなんてこれまで生きてきてなかったし、風呂場の水が引かないだけならべつにどうってことでもないんだけど、いまの家は風呂場の排水口と脱衣場の洗濯機置き場の排水口が同じ水位で接続されているみたいで、風呂場の排水が詰まると洗濯機のある脱衣場側に逆流して排水が溢れしかも洗濯機の排水も流れないという事態となり、洗濯するたびに脱衣場が床上浸水となり排水を拭き取って汚れ物が出るというありさま。しかもパイプフィニッシュ的なつまり取り剤を何度かに分けて数本使っているんだけどつまりが取れなかった。

かなり困っていろいろ調べたり試行錯誤したりしてみて、パイプのつまり取り剤は正しい使い方をしないと効果が出ないらしいということがわかった。

  1. 詰まった排水が完全に抜けるまで(10時間とか)待つ。その風呂場周りの水道を使わない(トイレは別だろうけど洗面台もつながってるので)
  2. 排水口は排水トラップで水がたまっているので上からジェル状の液剤を流し込んでも排水トラップの水に溶けるだけっぽい。面倒くさがらずちゃんと排水トラップを外す。外すと出てくる巨大な毛玉もがんばって除去
  3. 風呂場や洗濯機置き場の排水パイプは真下ではなく横に出ているので、排水トラップに手をつっこんでパイプの方向を確認して直接パイプに液剤が流れ込むようにボトルをつっこむ
  4. 上記のうえ60分くらい長めに待って水で流す

ここまでやってようやくつまりがとれた。


ピラーブラケットで家に柱を立てた

壁にネジとかを自由に打てない賃貸住宅で壁面に棚をとかを作りつけるために、ようは超ながいつっぱり棒みたいな形で床から天井にわたる簡易の柱を取り付けることができるピラーブラケットという器具があるのを知り、これで有孔ボードの壁を子供部屋に作ったらいいんじゃないかしらんと思って勇んでビバホームで2x4材を買ってカット加工もお願いして配送してもらったのが3月。この夏までくっそ長い2x4材が部屋の角に立てかけられたままだったんだけど、ようやくシルバーウィークに組み立てをした。その気になればそんな大変ではなく自由にできる壁っぽいものが出来上がった。なかなかいいかも。


歯医者(通院三回め)

話の長い歯医者さん通院三回め。もともと詰め物が欠けて通院するきっかけになっていた奥歯(おそらく10代のころに修復したアマルガム修復のもので、劣化して欠けたのだろうとのこと)はやや虫歯が大きいのでここ二回でやっていた無麻酔治療ではなく麻酔を使って治療したいと事前に言われていた。この歯医者は治療椅子にモニタがついていて(子供メインの歯医者なので子供むけの映像を流すと治療がスムーズらしい。長男もファインディング・ニモを見ながら治療したらむしろもっとやってくれという勢いだったという)、これまでは「世界の車窓から」がなんとなく流れていたんだけど今回はなぜか「ミュータント・タートルズ」だった。麻酔もあるやや長引く治療なのでエンタメ映像にしてくれたんだろうけどなぜそのチョイス…と思いつつ、考えてみると歯医者の治療中に見せる映画のチョイスは意外と難しいのかもしれないなとも思った。血の出るバイオレンスはもってのほかで、ホラーやサスペンスもだめだろう。口を開けて耐えている人にコメディ見せるのもよくなさそう。タートルズは意外と狙いすましたチョイスなのかもしれない。歯医者さんは基本全て説明するのに映画のチョイスにはコメントがなかった。


歯医者(通院二回め)

話の長い歯医者さん二回め。前回同様麻酔を使わず(渋谷のどまんなかの歯医者なので平日空き時間で治療する人も多くてそういった配慮なのかもしれない)、摩擦で痛みが出やすい高速ドリルを使わず、ダイノグデントで虫歯の除去状態を何度も何度も確認しつつ低速ブラシで少しづつ削る、という治療方法で、これまで受けた歯医者の治療はいわゆる麻酔うってがりがり削って埋めてしばらく口の中がじんじんする、というのが当たり前な認識だったので新鮮。継続的インテグレーションっていうか。


久しぶりに歯医者に行った

少し前にお菓子を食べていて奥歯の詰め物がはずれてしまっていたのを治しに、重い腰をあげてようやく歯医者に行った。子供が通っている歯医者がなかなかいいというので教えてもらって行ったのだけど、僕が人生で経験してきたなかでもっとも話し好きな歯医者さんで、治療中ふくめて最初から最後までいま自分がしている施術や歯についての知識をしゃべり続けていた。当然なのだけど口をあけて治療を受けているときは相槌が打てない。最初はむりやり反応を返そうとしていたけど無理なので途中からひたすら聴くのに徹していた。いい先生なんだけど。

途中歯に電子器具をあててテルミンみたいな電子音で虫歯の除去を確認する機器をつかわれてそんなの初めてだったんだけど、レーザー光の反射状態で虫歯を検査するダイアノグデントペンというものらしい。あれで演奏できそう。


Amazonベーシック 密閉型オンイヤーヘッドホン

加野瀬さんがコストパフォーマンスがよいというツイートをしていたのでAmazonベーシックのヘッドフォンを買ってみた。インイヤーのタイプでないヘッドフォンを買うのは久しぶりな気がする。

外見はちょっと笑えるくらい素っ気ないけど軽くて小さくてたしかに音がいいというか「ちょうどいい」感じ。


ジレット プログライド フレックスボール


hail2uさんがおすすめしていたので、ひげそりをジレット プログライド フレックスボールに変えてみた(ひげそり自体はこれまでもジレットフュージョンを使っていて、使っていたホルダーも年季が入ってきたところだった)。たしかにこれはよかった。ホルダーを変えるタイミングで替刃そのものも下ろしたので単にそれでそり心地がよくなったのかなとも思うけど、顎の先を剃り上げるときなどに特にスムーズさが上がっているように思った。剃ったあとの肌の状態もこれまでよりよいかも(これはやっぱり単に新しい刃だからかもしれないけど…)。ケースも小さくなったのが好印象。