平和の森公園 フィールドアスレチック

大田区ホームページ:平和の森公園フィールドアスレチック

instagramでフォロアーさんが行ってるのをみてへーと思ったのと、チームラボ展いってないけど最終日の地獄の行列つらいなーというのと、天気がよかったので行ってみた。都内で近くて駅から歩いて行けるわりにかなり本格的なフィールドアスレチック施設。小中学生100円大人360円。本格的なので幼児は遊べないけど、幼児向けの遊具とか長い滑り台があってそっちも楽しい(みたい。ぼくは見てないけど)。小学2年生的には8割くらいの種目が頑張ればこなせる(1割くらいは背が足りないとか体格的に無理)という難易度で本人的にも手応えがあったよう。

大田区ホームページ:大森ふるさとの浜辺公園

浜辺公園のほうもきれいでのんびりできるようなのでまた来よう。


レナード・サックス『男の子の脳、女の子の脳―こんなにちがう見え方、聞こえ方、学び方』を読んだ

男の子の脳、女の子の脳―こんなにちがう見え方、聞こえ方、学び方
レナード サックス
草思社
売り上げランキング: 170,380

デミさんが性差についての本でおすすめとして紹介していたのでさくっと図書館で借りたんだけど、あとでツイートを読み直したら似たタイトルの別の本の方だった。リーズ・エリオットのほうも今度読む。

レナード・サックスさんのほうの本は育児というよりは教育関係者むけの内容なのかなという感じで、男性と女性の具体的(解剖学的、神経科学的)な違いとそのエビデンスを紹介して、実際には間違いなく存在する性差をないものとした「平等」な幼児/初等教育は男性・女性の発達の違いを補えずむしろその差を決定的なものとし、結果的にジェンダーを固定化する方向にことを進めていると指摘したうえで、理想的には男女別学で性差を考慮した指導をおこなうべきだという提言をするという本だった。性差の事実はしらないことも多くて興味深かった。

原著はこれかな?
Why Gender Matters | Leonard Sax MD PhD | Physician, Psychologist, and Author


帰省の新幹線を食玩でやりすごす

夫婦とも実家が関東から遠いので、列車での帰省は5時間超コースになり車内での子供の退屈しのぎがかなり大変なのだけど、食玩というか、箱入りのじぶんで作るお菓子キットの類を持ち込んで子供に作らせるとけっこう長い時間楽しんでもらえるので旅の必需品になっている。狭くてやや揺れる車内で作るのは粉とかの扱いに慎重になるので逆に集中していいのかもしれない。

持っていくのは「たのしいケーキやさん」「つくろうおべんとう」「おえかきグミランド」あたりが多い。「たのしいおすしやさん」もつくったことあるけど車内ではちょっとむずかしすぎかも。焼き菓子とかレンジが必要な食玩は車内だと作れないので水だけでできるものを選ぶ。水はペットボトルのを買っておいてそれを使う(忘れたときはお茶とかでごまかしたり)。

ポッピンクッキン たのしいケーキやさん
クラシエフーズ
売り上げランキング: 99,850
つくろうおべんとう 5個入 BOX (食玩・知育)
クラシエフーズ (2011-08-22)
売り上げランキング: 6,268
おえかきグミランド 10個入 BOX (食玩・知育)
クラシエフーズ (2012-08-20)
売り上げランキング: 4,429

ちなみに車内で子供をぐっすり寝かせるというアプローチもあって、新幹線に乗る直前まで品川プリンスのプールで遊ぶというのを試したこともあった。品川プリンスのプールは安くはないけどおむつが取れてなくても入れたり映画チケットつきのビジターチケットがあったりしてなかなかいい


子供の発熱ベストプラクティス

子供がひさしぶりに発熱したので、書き出しておく。ほかにもあったかな。

毎朝(休日も)熱を測る

保育園の連絡帳に書くので平日はだいたい熱を測るんだけど週末は忘れがち。測らないで遊びに連れて行ったりするとだいたい夕方に熱が上がってきて月曜から休まざるをえないパターンになりがちなので、休みの朝にチェックするのが大事。

食欲がないときはだいたい熱が出る

子どもの食欲がないときは喉が腫れて痛いから食が進まないパターンが多い。喉がいたいとか教えてくれないので気づきにくい。体調が悪いので食べられないパターンもあるかな。

機嫌が悪いときはだいたい熱が出る

起き抜けから機嫌がわるいときはだいたい体調が悪いっぽい。

冷えピタは脇と股に貼る

おでこに貼っても気休めにもならないと言われる冷えピタだけど、半分に切って両脇および両内股に貼ってから寝させると翌日熱が取れていることがおおい(気がする)


ジャポニカ学習帳 こくご

小学一年の長男が、春から使っていたこくごノートを使いきったというので、東急ハンズに新しいものを買いにいった。渋谷ハンズの文房具フロアはよく行くけど小学生の学習ノートを買うのは初めてなのでなかなか見つからなくて難儀する。ようやく見つけても(けっきょくノートの棚とは別にジャポニカ学習帳専用の回転棚があってそこに収まっていた)、こくごノートには行のマス数の違う複数のタイプがあり、どれを買うべきかわからない。6マスタイプと10マスタイプを開いて見る限り、6マスタイプはふだん長男が使っているノートよりあきらかにマスが大きいのでこれは10マスタイプに違いないと考えてそれを買って帰って長男に渡してみると、実際には6マスタイプと10マスタイプの間に8マスタイプがあり、それが長男が授業で使っているタイプだった(これはたぶんハンズには置いてなかったと思う…)。

ショウワノートのジャポニカ学習帳についてあの装丁のおなじみの感じからなんとなく知っている気分でいたわけだけど、こくごノートだけでもマス数でこんな商品展開があって使い分けられていることを全然知らなかった。自分の小学校低学年のときもあったのかもしれないけどまったく覚えてないし。あらためてサイトで観てみると(こくごノート一覧 )小学校低学年向けノートのマス数のきざみ方はすごい。さんすうノートとか6マスタイプと7マスタイプがあるし。どういう使い分けがあるんだろう。知っているようで知らない世界というのはありますね。

あとショウワノートのサイトのfaviconがかわいかった。


レンタカー借りて家族でスキー場に行ったKPT

Keep

  • そこそこ楽しく遊んで事故もトラブルもなく帰宅できた
  • (結果的に)レンタル品なしでも問題なく、費用的に浮いた
  • まだ無理してスキーに挑戦しなくてよかった感じ

Problem

  • 都心の営業所にはチェーンとかスタッドレスタイヤの用意がないのでレンタカーは早めに手配する(条件調整などのやりとりが発生するので)
  • (当然ながら)連休中のスキー場方面の交通は渋滞するのである程度覚悟しておく必要がある
  • 目的地に着いたと思っても駐車場に入れるまでに時間がかかったりする…
    • 今回は大丈夫だったけどトイレ対策など考えておく必要あり
  • ジュニア以下のサイズのレンタルウェアは(あまり用意がないから?)出払ってて借りられないことがある
  • 小さい子ははめるのをいやがるので手に合った手袋を用意する

Try

  • もっと早朝に出発して渋滞を回避したい(レンタカーだとむずそう)
  • ちゃんとスキースクールに入れてスキーをさせる