GPD Winで仕事する

今年の帰省は滞在期間が短かかったのでMacBookProは持って行かず、ためしにGPD Winと携帯Bluetoothキーボードだけを持って帰ってみた。過去iPadやAndroidタブレットなどをパソコン代わりに持って行って仕事をしようとして何度も挫折してきたんだけど、GPD Winに関してはけっこうこれでいいじゃんという感覚があった。やった作業はGoogle SheetをChromeで開いてテキスト編集とかなのでこれだったらAndroidとかでもよかった可能性もあるけど、「マルチウインドウのデスクトップ環境」には、iOSやAndroidにはない「職場感」があって仕事する気になるのかもしれない。ただ実際にはBTキーボードだけではだめで、快適なポインティングデバイスも必要だなと思った(マウスは帰省先にあったのを借りて使った)。


メインブラウザをVivaldiにしてみたけどやっぱりChromeに戻した

Vivaldi自体はだいぶ前にどこかで知って試してなんか四角いブラウザだなという印象を持っただけで常用するに至らなかったんだけど、なぜか急にVivaldiに関する情報が流れてくるようになって(どういう文脈だったのかいまいちわかってないけど)、ChromiumベースだからChromeの機能拡張はそのまま使えるということがわかって(Safariとかはそのへんにハードルがあった)、じゃあ試してみようと思ってデフォルトブラウザを変えてみた。とりあえず必要最低限な機能拡張をインストールしてみたけど、常用してるのは

くらいで、これらも今となっては他の機能とか単機能のbookmarkletにすればどのブラウザでも用がたせそうなものばかりだったので、実は機能拡張がブラウザ切り替えの障壁でもないことには気づけた。ただChromeには(Googleアカウントでサインインしておけば)それらの機能拡張やタブや閲覧履歴をマシン間で同期できるところが一番うれしくて、移行後のストレスはそこが一番大きかった。あとChromeのページ内メニューから「日本語に翻訳」とか「この画像を画像検索する」を意外とよく使っていることに気づいていなくて、それらが使えないのがつらいと思った(これも別の方法でなんとかなるとは思うけど)。

他方Vivaldiでフィーチャーされている便利機能はいまいち自然に使えなくて、Chromeにくらべて軽いとかメモリを食わないというわけでもなさそうなので、結局早々にChromeに戻してしまった。今度はSafariにしてみようかな。


Macs Fan Control

そうえば前書いてたMacBookProの不調はジーニアスバーに持ち込むも異常は発見されず、3万6千円くらい出して10日ほど工場修理に出すこともできるけどどうするとジーニアスに聞かれてすごすごと引き返したのだったけど、あらためて考えて過熱が原因かもと思って試しにCPUファンの制御ソフトを入れてみた。

Macs Fan Control

そしたら落ちなくなった。温度センサの値を見ていてもCPUの温度がちょっとしたことで80℃を超えるようなので70℃を超えたらファンを回すようにしたところ以後はほぼ以前の使いかたに戻しても落ちることはなくなった。

検索してみるとこんな記事も出てきた。分解すると排気口にホコリが分厚く詰まっているらしい。これなんだろうな。こんど分解してみる。

MacBookの発熱問題が解決 - Memento Mac


Apple Hardware Test

使っているMacbook Pro(Retina 2012 later)がしばらく前から前触れなくフリーズしたり、再起動がかかったりするような症状がときどき起きていたんだけど、それがいよいよ悪化してきて起動直後に操作しているとほぼ必ず落ちて再起動するようになってしまった。特定の操作がトリガーというわけではないけど、なんとなくアプリを次々と起動しながら操作をしているとぷつんと落ちてしまうので、RAMが劣化して負荷でエラーを起こすとかなのかもしれない。あせらず無理しない感じの使い方(起動直後のアプリ起動中はほかの操作をしないとか、重いアプリを複数ウインドウ開かないとか)を心がければ落ちる確率はかなり下がるのでひとまずそれでしのいでいる。心臓病とかになるとこういう感じなんだろうか。

障害を確認する方法もいろいろ調べてみたら、Macの再起動時にDキー(あるいはopt+Dキー)を押しておくと「Apple Hardware Test」というモードで起動してハードの状態をチェックできるというので試してみた。この「Apple Hardware Test」は相当古いプログラムで起動したらいきなりMacOS9のころのUIが表示されてすごいびっくりする。これでテストをしてみるとやっぱりメモリチェックの途中でHardware Test自体も落ちてしまうのでどうしようもないことがわかった。Apple Storeに持っていくしかないな…。