メインブラウザをVivaldiにしてみたけどやっぱりChromeに戻した

Vivaldi自体はだいぶ前にどこかで知って試してなんか四角いブラウザだなという印象を持っただけで常用するに至らなかったんだけど、なぜか急にVivaldiに関する情報が流れてくるようになって(どういう文脈だったのかいまいちわかってないけど)、ChromiumベースだからChromeの機能拡張はそのまま使えるということがわかって(Safariとかはそのへんにハードルがあった)、じゃあ試してみようと思ってデフォルトブラウザを変えてみた。とりあえず必要最低限な機能拡張をインストールしてみたけど、常用してるのは

くらいで、これらも今となっては他の機能とか単機能のbookmarkletにすればどのブラウザでも用がたせそうなものばかりだったので、実は機能拡張がブラウザ切り替えの障壁でもないことには気づけた。ただChromeには(Googleアカウントでサインインしておけば)それらの機能拡張やタブや閲覧履歴をマシン間で同期できるところが一番うれしくて、移行後のストレスはそこが一番大きかった。あとChromeのページ内メニューから「日本語に翻訳」とか「この画像を画像検索する」を意外とよく使っていることに気づいていなくて、それらが使えないのがつらいと思った(これも別の方法でなんとかなるとは思うけど)。

他方Vivaldiでフィーチャーされている便利機能はいまいち自然に使えなくて、Chromeにくらべて軽いとかメモリを食わないというわけでもなさそうなので、結局早々にChromeに戻してしまった。今度はSafariにしてみようかな。