赤野工作『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』を読んだ

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム 赤野 工作:書籍 | KADOKAWA [~ https://www.kadokawa.co.jp/product/321702001852/]


カクヨムのサイトに載っているのでどうしても読むことができなくて(カクヨムに限らず横書きスクロール形式の小説読書にどうにも適応できない)、本を買って読んだ。全身をサイバネティクス化して生き延びている22世紀の老ゲームマニアが、21世紀後期のマニアックな低評価ビデオゲームを、90年代〜2000年代初頭の個人サイトでひっそりと更新されていたゲームレビューサイトさながらのゲーマー一人語りとして綴っていく、という体のSF小説。ゲームマニアの内輪受けっぽいネタがゲームマニアの内輪受けっぽい文体で書かれているんだったらやだなーと思いつつ読み始めたんだけど、各回で取り上げられるゲームのアイデアがたいへん気が利いていてとても楽しめた。とはいえ長かったなー。Web小説ベースだとこうなってしまうということかな。

タイ語はなんとかなった

kotaro tanakaさん(@doppac)がシェアした投稿 -