「MEDIA PRACTICE 17-18 東京藝術大学 大学院映像研究科 メディア映像専攻 年次成果発表会』を見た

MEDIA PRACTICE 17-18 東京藝術大学 大学院映像研究科 メディア映像専攻 年次成果発表会


毎年行けないなーと思っていたMEDIA PRACTICE初めて行けた。考えてみたらそもそも美大の卒制展そのものも最近見てなかったな。面白い作品多くてよかった。それと修了生の作品と各研究室の座談会をまとめたプログラム(アンケートに答えるともらえた)がとてもよくできていてびっくりした。座談会どれもおもしろい。

作品ではやっぱり早川翔人さんの作品がいちばんぐっときた(『誰にでも』は「田中さん」と呼びかけられる作品でもありベストマッチだった)んだけど、プログラムのほうでまとまられていた自作の狙いとアプローチの変遷もとてもクリアでそれもよかった。