V.A.『Diggin In The Carts - A Collection Of Pioneering Japanese Video Game Music』

出るの忘れててちと遅れて購入。hallyさんのライナーついてるならCDで買おうとタワーレコードで探したところ、ゲームミュージックコーナーにはなくてちょっと残念だった(クラブ・テクノコーナーにあった)。

リリース情報で曲目を見た段階で変わったセレクションだなーと思っていて、実際聞いてみても最初は結構「?」という感じだったんだけど、しばらく聴いていたらなんとなく聴きどころがわかってきた。おそらく「メロディ、リズム主体でなく短いシーケンスの繰り返しからなる」かつ「音源チップのサウンドの特徴(魅力)が出ている」トラックが選ばれた結果、有名な、あるいはポップで勢いのあるステージ1とかの曲はなく、あまり有名でないゲームのそれもステージ5とか中盤ステージのトリップ感のある曲ばかりが集められたゲームミュージックコンピレーションになったというのがこのCDなんだと思う。激シブすぎる。

でも「短いシーケンスの繰り返しからなる」「音源チップのサウンドの特徴(魅力)が出ている」という観点で聞き込むとたしかになかなかいい(収録時間の問題なのかループが少ないのが残念)。『源平討魔伝 BIGモード』とかは有名な名曲だけどグルーヴィーな曲に聞こえて新鮮だし、『ワルキューレの伝説』のエレキマン王の曲なんかはなぜかPCエンジン版のアレンジで収録されてるんだけど、このCDの並びだとアブストラクトなチップチューンに聞こえる。3曲収録されているゴブリンサウンド(知らなかったけどメサイヤのサウンドチームの名前なのかな)の曲もいい。あとはまさに「ディギン・イン・ザ・カーツ」で発掘された、リードトラック『THE 麻雀・闘牌伝(スティーヴ・ライヒばりのミニマルミュージック)』をはじめとする日の当たらないゲームの知られざる名曲たちも最高(セレクションの文脈でいうと複数収録されている斉藤博人さんの曲がそこだけ「いわゆるゲームミュージック的な曲」なのでちょっと不思議ではあった)。

国内盤に寄せられたhallyのライナーはこのアルバムにふさわしいもの(批評的にセレクションされた初めてのゲームミュージックのアルバム、という)ではあったけど、全曲徹底解説的なものを勝手に期待してたのでちょっと拍子抜けだった。ちなみにOTOTOYだとデジタルで変えてこのライナーもpdfでついてくるのに後から気づいた。