炊飯器で焼きいもをつくる

さつまいもってふだん頻繁に買ってきて料理する野菜じゃないと思うんだけど、こどもがやや大きくなると園や学校の行事でいもほりをしてもらって帰ってくるので料理する機会増えるものみたい。自宅で使っている東芝の石窯オーブンレンジに焼きいもモードがあるのでそれで焼きいもをつくっていて、ふつうにおいしくできるものの外側の水分がだいぶ抜けてしまって可食部分が少なかったりしてわりと不満が多い。最近炊飯器でつくるといいという話をよく見るのでやってみた。

レシピはだいたい同じで釜に芋をいれて水を半分つかる程度に入れて、玄米モード(炊飯時間が長い)で仕掛けるというもの。その通りにしてみたら確かに焼きいもっていうか、スイートポテトっぽいふかし芋ができた。なるほど手軽でいいかんじ。皮まで食べられるし、つくって冷蔵庫で保存しておいてレンジで再加熱しても食感や風味がかわらないのもいい。まだ試してないけど、ちょっとだけトーストで火をいれてもいいのかも。