アルテ on Mozc

アルテ on Mozc 日本語入力キーボード


最近Androidで使っているIME。かなり意欲的な開発が行われているようで経緯がわかりにくいんだけど、まず、ローマ字入力をテンキー+フリックでの入力に合わせて再構築した新しい日本語入力メソッド「アルテ(ARTE)」というのを実装したAndroid用のIMEが開発されて、それの変換エンジンをMozc(Google日本語変換のエンジンがオープンソース化されたもの)にした最新版が『アルテ on Mozc』。で、このアルテのローマ字入力とは別に選択できる日本語入力メソッドとしてフリック入力を拡張した「ターンフリック入力」というのも別途実装されているということみたい。アルテの開発趣旨を読んでもとても実直にスマホでの日本語入力環境を整えることを考えていることがうかがえてとても好ましい。無料版の「動画広告を見ると4時間拡張入力が使えます」という大胆なシステムもおもしろかったんだけど、いまは課金してフル版を使っている。

ターンフリックでの濁点小文字シフトはわりとすんなり慣れたのでいまはアルテローマ字入力に慣れてみようかと切り替えてみている。なかなか新鮮。