マイナーなSF映画

(最近こればっかりだけど)SF作品をいろいろ調べていて、観たことなくて設定的に面白そうなSF映画のDVDを借りてきていろいろ観た。

ダグラス・トランブル『サイレント・ランニング』

『2001年宇宙の旅』特撮監督ダグラス・トランブルの監督差品なんだそうで、1972年の作品としては特撮や宇宙船内描写が凝ってておもしろい。本来作業用なのにプログラムを書き換えて主人公の怪我を手当したりカードゲームの相手をしてくれるロボット(作中ではドローンと呼ばれる)がかわいい。映画としてはテンポが昔の映画だなあという感じだったけどおもしろく観れた。

マイケル・クライトン『未来警察』

マイケル・クライトン自身の監督作品なんだな。ロボットのトラブル専門の警察チームのバディムービーで、いろんなロボットが出てきておもしろい。B級映画ぽい感じで楽しく観られた。

マルコ・ブランビラ『デモリションマン』

タイトルは聞いたことあるけど観たことなかったやつ。管理社会で人々がだいぶマヌケな感じになっている未来社会に、冷凍睡眠から目覚めたデモリションマンことシルベスター・スタローンが大暴れという映画なんだけど、未来社会のディテールがギャグタッチで細かく描かれていて興味深い。映画としてはあんまり面白くないけど。