川端裕人『The S.O.U.P.』を読んだ

The S.O.U.P. (角川文庫)
The S.O.U.P. (角川文庫)
posted with amazlet at 17.08.23
川端 裕人
角川書店
売り上げランキング: 639,178

とある事情で預かっていて、帰省の移動中に読む小説を探していて手に取ったので読んだ。2001年発表の小説だそうだけど、SF描写も作品としてもあまり古くさく感じず面白く読んだ。対立する3つの要素というのがモチーフとして作品のなかで何度も語られ、テーマの配置としてもいくつも重ねられていて見事なんだけど、僕には「ハッカー文化 - SF - ファンタジー」の三角形のバランスが新鮮で面白く感じた。インターネットワームと指輪物語における竜である長虫(ワーム)が重ねてあり、もともとインターネットワームが指輪物語由来なのかなと思ったんだけどそういわけではないみたい(むしろSF由来らしい)。

オンラインRPGの描写は2000年前後のEverQuestとかを参考にその延長上に考えられる未来のファンタジーRPGを設定して(というか具体的にはどういうインターフェイスなのかをごまかしつつ)書いたんだろうけど、2017年に読むとわりといまどきのVRゲームの描写とほとんど変わらないように読めてそこも興味深かった。