『「東京藝術大学ゲーム学科(仮)」展』を見た

東京藝術大学ゲーム学科(仮)展


取手の授業の帰りに見た。単なる成果発表展ではなく、スクエニのゲーム制作に関する講義や、南カリフォルニア大学のゲーム学科講師によるワークショップなどの「カリキュラム」なども設え、可能な限り「東京藝大にゲーム学科がある」ということを模擬することを目的とした展示。既存の学生アニメ作品を選出し、その監督とスクエニのスタッフを混合したチームで各作品をゲーム化するという「A to Gプロジェクト」の作品を見てきた。

プロジェクトの趣旨の文章に「ゲームとアニメの共通点は世界観を先につくること」みたいなことが書いてあり大丈夫かと思ったけど、アニメーションで一度構築された世界をゲームらしくまとめること自体はぶっちゃけゲーム側の才能だけでもできることなのであって、このプロジェクトで求められているのはアニメ作品そのものではなく、アニメーション作家が持つ独特な(『個人的なハーモニー』の言うところの「個人的」な)感覚が、ゲームになるとしたらそれどういうものかということであり、インディーゲームの世界で起きつつあるという越境(ゲームという名の、オルタナティヴなアニメーション:ひらのりょう×土居伸彰連載第4回|WIRED.jp)もそういうものなんだと思う。『鞍馬の火祭り』とかはアニメーション作品はとても質感が大切にされたよい仕上がりなのにゲームはとくにひねりのないVR脱出ゲームになってたのは残念だった(もういっそ妖怪キャラも3DCGにして台無しにしてしまうと32ビット世代コンソールのローンチタイトル的なヤケクソ感がでて逆によかったかもしれない)。アニメはよかったのでリンクを貼っておく。


僕が触ったなかだと一番気になったのは『群生地生放送』で、テンキーでアニメーションを切り替えていくのみの作品でゲームというよりは一昔、いや二昔前のマルチメディアコンテンツ的な仕上がりではあるんだけど、キーをたたいた後にややあって鳴る謎のビープ音みたいなSEのタイミングとその後始まるアニメーションのクールさがなかなかに秀逸で、アニメーション作家のゲームとしてこういう形もあるかもと思わされた(とはいうものの作家の意識としてはゲームというよりインタラクティブな要素もあるインスタレーションくらいの感じなんだろうなという気もする)。『ZONE EATER』も映像のトーンも感じられつつおもしろく体験したけど、Viveの新鮮み分が多めだったのかな。『Santiago』は調整中で体験できなくて残念だった(Viveはルームスケールセンサを近接して設置すると干渉が激しいのか他の作品の体験中かなり問題があった)。

おもしろい試みだと思うのでこれ継続されるといいな。