『こうの史代「この世界の片隅に」原画展』を見た

こうの史代「この世界の片隅に」原画展 東京でもタワレコ渋谷で開催決定 - TOWER RECORDS ONLINE


近くだからでいつでも行けるなと思っていたら最終日になってしまい駆け込むパターン(長男が本格的に漫画を描こうと取り組んでいるので漫画原稿に興味あるかなと誘ってみたんだけど振られてしまった)。渋谷タワレコビルのこのスペース(SpaceHACHIKAI)初めて来た。漫画に限らずこういう版下原稿の展示って印刷物からは消えることが前提の手作業や修正の跡が見られるのが魅力だとおもうけど、その意味でこうの史代の原稿はそこの情報量が多くて見応えがあった。描いている途中か描き上げた後に絵を全面的に修正するために原稿をカッターで切り抜いて、同じ形の紙をはめ込んだあとで描き直したとおぼしき箇所が複数あったけど、その修正箇所の精度が高かったな…あれは切り抜いた破片から切り出すんだと思うけど普通にやってあんなにうまくはまるもんなんだろうか…

そういえば以前細馬さんにタリーズで偶然会って『この世界』の話をしていたとき、呉美術館でのこうの史代展で原画展示といっしょに掲示されていた解説(こうのさんに取材した談話)がひじょうに詳細でそれに気づかされることが多かった、その解説は『「この世界の片隅に」公式アートブック』に収録されている、という話を聞いていたのでこのタイミングで読み直した。たしかにこの解説はほかであんまり突っ込まれてないことがいっぱい書いてあるな。