湯浅政明『夜は短し歩けよ乙女』を観た

映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト


映画の日にHUMAXシネマで観た。なんか中盤ダレるなーと油断したところで終盤たたみかけるという展開もふくめいかにも湯浅作品でよかった。ちょうど42歳の誕生日であった僕にはこういう24アワーズ旧制大学生ライフスタイルに対するア↑コガレも摩滅してしまったものだなあいう醒めた思いもあったのだけど、最後「先輩」を黒髪の乙女が救い出すという甘い甘いご都合主義のクライマックスには不覚にもちょっと涙が出た。「この羽根ではこのようにしか飛べないのだ!」というような台詞があったと思う(だいぶ違うかもしれないけど僕にはそう記憶されている)。本当に恥ずかしい強弁だけど「このようにしか飛べないのだ!」と言い訳しなければ飛べない時期というのはたしかにあり、そのみっともなさは人を泣かせるなと思った。