三宅陽一郎『人工知能のための哲学塾』を読んだ

人工知能のための哲学塾 | 株式会社ビー・エヌ・エヌ新社


この本の刊行記念トークショーにBNNの編集さんに誘われてまだ読む前に三宅さんのトークを聞いたんだけど、語られている哲学の知恵が実際にどのように人工知能に組み込まれるものなのかイメージできなくて、その時点ではけっこう「?」と思った。実際に本を読んでみたら、そういういますぐ応用しようとするような昨今のAIブームに乗るような発想ではなく、そもそも人間は自分たちの知能というものをどうとらえてきたのかを哲学を通して知ることこそが、人工知能をほんとうの知能にするために必要だという視点での工学者が語る哲学入門という感じの本だった。扱われている現象系の哲学については固有名詞以外はほとんど知らなかったのでとても興味深く読んだ。もうちょっと深く知りたいな。

関係ないけどというかカルチョビットもやってるからだけど、ほぼ人工知能のゲームばかり作っているともいえる園部さんの人工知能観ってどこかで語られていたりするのかな。三宅さんとの対談とか聞いてみたいもの。