真魚八重子『映画なしでは生きられない』を読んだ

映画なしでは生きられない
真魚 八重子
洋泉社
売り上げランキング: 41,887

真魚八重子さんは前著『映画系女子がゆく!』が青弓社のサイトで連載されてるころからファンになってよく読むようになったんだけど、『映画系女子がゆく!』のあとがきに「タグ打ちの時代から趣味のサイトで映画評を載せていた」というような事が書いてあって、あーなるほどそういう感じだなと納得したおぼえがある。なにが「そういう感じ」なのか、どう伝えたらいいのかわからないけど、「だれかに読まれることを半分くらいしか期待してない」感じというか(実際にはライターさんだから全然そんなふうに思ってないと思いますが)。文章に媚びやへんに受けを狙おうとするところがないのがとてもいい。

気になる見たことがない映画がたくさん取り上げられていて楽しく読んだけど、とくに『ロビーとミッシェルの場合』『スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方』を取り上げたコラム「私たちの将来が明るいなんて、あの映画は嘘だった」は文章のテーマふくめて心にしみた。