ジェイソン・ライトマン『ヤング≒アダルト』を観た

ヤング≒アダルト [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012-07-13)
売り上げランキング: 107,106

ワールズ・エンド』、『サイドウェイ』と中年ダメ男が痛飲する映画を続けて観たら、奥さんが「こういう男性視点の美化された自虐ネタみたいな映画いっぱいあるけど、こういうのの女性版はないのか、あるとして需要はあるのだろうか」と言っていた。いわゆるバチェラー映画の女性版みたいなものかな。じゃあそういうの探してみようということで前から観ようと思ってた『ヤング≒アダルト』を観た。順風満帆なティーンエイジを経て故郷を捨て作家で身を立てたものの独身でくすぶっているアラフォー女性が、結婚し子供も生まれたという元カレを都会の洗練された女性として再度誘惑しようと故郷に戻るが…という映画。

非常によくできてる映画で評判ほどイタい感じもしないなーと思って見たんだけど、そこは性別の問題で奥さんは激イタかったらしい。