デスクトップ・スリラー

Text, Lies And Videotape: Her Story Interview | Rock, Paper, Shotgun

ウインターセールで買った『Her Story』をプレイしててそれの話はまた今度書くけど、デザイナーのSam Barlowさんのインタビュー(長い)を読んでたら『Her Story』のゲームのスタイルは氏が「Desktop Thriller」と呼ぶ、ある一人の人物の一人称視点で目の前のデスクトップやコンピュータのコンソールを唯一のインターフェイスとして(つまりゲーム内での立場をゲームをプレイするプレイヤーの立場と極限まで一致させた形で)没入的にフィクションをプレイさせるという一連のゲームの系譜の末裔として位置づけているのだそう。「Desktop Thriller」はあんまり一般的に認知されたジャンル名じゃなさそうだけど(Barlow氏が言ってるだけなのかもしれない)例として挙げられてるゲームも知らないものばかりだったので調べてみた。


The Fourth Protocol (video game) - Wikipedia, the free encyclopedia

1985年にZX Spectrumで発売された同名のスパイ小説を原作にしたアドベンチャーゲーム。

動画観ると純粋にデスクトップだけでゲームが展開するわけではなさそう。でかいアイコンが並んでるだけのメイン画面が印象的。


Floor 13 (video game) - Wikipedia, the free encyclopedia

1991年にPCに出たゲームで、現政権の覇権を保つために反政府勢力に対して秘密活動を行う非公認執行組織の局長としてペーパーワークを行うという内容みたい。秘密組織の局長アコガレを叶えるみたいなゲームかな。


The Vera Cruz Affair

1985年にAmstrad CPCに出たゲーム。これがわりと直接的にHer Storyのインターフェイスに似てる感じなのかな。捜査官がTELEXのコンソールを通じて事件の手がかりの調査や関係者の聴取を行いながら推理を進めるという内容みたい。


Portal (interactive novel) - Wikipedia, the free encyclopedia

いまよく知られているほうのPortalとは別の、1986年にAmigaで出たインタラクティブノベルのゲームだそう。100年におよぶ外宇宙探索の失敗で帰還した宇宙飛行士が、すでに人類が絶滅した地球を見つける。残されたメインフレームの情報にアクセスして、人類絶滅の理由を探るという内容とのこと。面白そう。原作者がKickStarterでリメイクを企画したけどキャンセルされたらしい。