BCCKSでマメ本のすすめ

写真は波野發作『ストラタジェム;ニードレスリーフ Vol.0』のマメ本版

BCCKSの新しくなった紙本をみなさまにぜひ見ていただきたいということで、カラー・モノクロ問わず全てのタイプ(書籍、カードブック、マメ本)の自著紙本の価格を1/10まで15%割引するキャンペーンを始めました。

【15%オフ!】紙本キャンペーン実施中(自著全タイプ対象) :: BCCKS情報局

新しくなった紙本の仕様の詳細については公式のお知らせ弦人さんのfbに譲りますが、メインで使用するオンデマンド印刷機が変わり、それに合わせて使用する紙が変更になりました。一般にオンデマンド印刷機は印刷のキメやカラーでの色再現がオフセット印刷の印刷物と比べるとどうしても見劣りしてしまう(ちょっとカラーコピーぽいというか)ところがあるため、BCCKSの紙本ではあえてラフでやや黄味の強い紙を使うなどいろいろな工夫で「いかにもオンデマンド」と思われない仕上がりになるようチューンしていたんですが、新しい紙本ではシャープな印刷を生かす紙を選びなおしてあります。ぜひ仕上がりを見ていただきたいです。

でさて、今回の紙本キャンペーンでは初となるカラー書籍やカードブック(カードブックは裏に印刷がなく1枚づつはがせる仕様なので年賀状…は間に合わないけど寒中見舞いに使うちょっと凝ったポストカードを作るのもありです)も目玉なんですが、ここはぜひ「マメ本」をおすすめしたい。これも割引セールは初。

紙のブックスにかわいい「マメ本」登場! :: BCCKS情報局

「マメ本」はBCCKSの書籍タイプの各判型(文庫、新書、10インチ、A5変形)を高さ100mmに縮小した特殊な判型で、だいたい手のひらに収まるかんじのかわいいサイズになっています。豆本的な本を印刷製本するサービスは調べるといろいろあるようですが(アクシス出版の豆本セットとかBeanstagramとか)、価格的にも内容の自由度的にもBCCKSのような形で提供されているサービスは他にあんまりないと思います。ちなみに本のデータは通常の書籍タイプの本を編集して(128ページ以内の制限がありますが)マメ本として発注する形なので、ふつうのサイズの本としても注文できます(し、同じデータで印税を乗せて有料の紙本として販売開始したり、電子本として無料/有料で公開したり、国内主要電子書籍ストアに配信したりできます)。

マメ本はダース(12冊)単位の発注で、モノクロ48ページの本なら3,000円のところ、キャンペーン中は15%オフで2,550円。1冊当たりだと212.5円(税込みだと229.5円)。「12人に配る手のひらサイズのオリジナルコンテンツ」を作ってみる遊びとしても悪くない値段ではないでしょうか。キャンペーン期間はちょうど年末年始の休みでもあるので、この機会にどうぞ本づくりをお試しいただけると。