Apple Hardware Test

使っているMacbook Pro(Retina 2012 later)がしばらく前から前触れなくフリーズしたり、再起動がかかったりするような症状がときどき起きていたんだけど、それがいよいよ悪化してきて起動直後に操作しているとほぼ必ず落ちて再起動するようになってしまった。特定の操作がトリガーというわけではないけど、なんとなくアプリを次々と起動しながら操作をしているとぷつんと落ちてしまうので、RAMが劣化して負荷でエラーを起こすとかなのかもしれない。あせらず無理しない感じの使い方(起動直後のアプリ起動中はほかの操作をしないとか、重いアプリを複数ウインドウ開かないとか)を心がければ落ちる確率はかなり下がるのでひとまずそれでしのいでいる。心臓病とかになるとこういう感じなんだろうか。

障害を確認する方法もいろいろ調べてみたら、Macの再起動時にDキー(あるいはopt+Dキー)を押しておくと「Apple Hardware Test」というモードで起動してハードの状態をチェックできるというので試してみた。この「Apple Hardware Test」は相当古いプログラムで起動したらいきなりMacOS9のころのUIが表示されてすごいびっくりする。これでテストをしてみるとやっぱりメモリチェックの途中でHardware Test自体も落ちてしまうのでどうしようもないことがわかった。Apple Storeに持っていくしかないな…。