ツッコミはメタデータ

以前ちょっと考えていたことを今日別の話題で思い出したので自分にリマインドしておく。



ツイートの末尾に付加するハッシュタグをツイート本体へのツッコミとして使うことをもうなんかみんな当然のことのようにしていて(「#よくない」とかで検索すると使われかたがよくわかる)、まあこれ使われかたとしてはかつてなら「(よくない)」みたいなカッコ書きで行っていたしぐさがアップデートされたとも言えると思うんだけど、ハッシュタグとして表記することによるシステム表示上での強調効果(リンクテキストとして色が変わる)が狙われていたり、Twitterというシステムのルールを通過することによって本来ツイート主が書いたものであるそれが「世間の冷たい反応」として読まれることが期待されていたりするのではないか。

そしてむしろそもそも、いわゆる「ツッコミ」という行い自体がハッシュタグがそうであるような「メタデータ」だとも言えるのではないか。この発想はなにか別のかたちで使えるような気がしている。