iOdorokiban for ProcessingBETA

iodorokiban_beta.jpg

■2年前にオープンキャンパスの子供向けワークショップで使うために作っていた「iOdorokiban」というソフトがあるんですが、また使いたいとのことで、ProcessingBETAで動くよう修正したので、公開しておきます。

久しぶりに遊んでみたけど、いまでもけっこう楽しい。

実行形式アーカイブ

■せっかく実行形式でのexportをProcessingがサポートしてるので、バイナリでも置いておきます。

Windowsでの使用方法

WinVDIG(USBカメラをQuickTime(forJava)で制御出来るようにするソフト)をインストールする必要があります。

  • iOdorokibanをダウンロードして展開します。
  • WinVDIG Release NotesからWinVDIG ver 1.0.1をダウンロードしてインストールしてください。
    • WinVDIGは1.0.5が最新ですが、不具合があり、前バージョンでないと正常に動作しません
  • 展開フォルダの”application.windows”内にある”iOdorokiban.exe”を実行してください。
  • ウインドウが出て、カメラの画像が動いていれば正常に動作しています。

MacOSXでの使用方法

Macでは特にソフトのインストールなしに、使用できると思います(が、未確認です。キャプチャデバイスの選択でこける可能性大なので、できなかったら教えてください)

  • iOdorokibanをダウンロードして展開します。
  • 展開フォルダの”application.windows”内にある”iOdorokiban.app”を実行してください。
  • ウインドウが出て、カメラの画像が動いていれば正常に動作しています。

動かない場合の注意点

  • QuickTime7.1 + WinVDIG1.0.1の環境でのみ動作確認してます。QuickTimeのバージョンなど確認してください。
  • キャプチャデバイスの選択でさぼっています。デバイス名に”cam”/”CAM”が含まれるものを探すので、接続したデバイスによっては失敗します。その場合は、ソースにデバイス名直接描いて、Processingで実行するとうまくいくかもしれません。

あそびかた

ビデオ画像で驚き盤をつくります。

キーボード、マウスボタンで操作します。

  • スペースキー:映像を撮影し、コマを進めます。
  • バックスペースキー:前のコマを削除し、戻します。
  • マウスボタン:押している間、驚き盤を回転させて動きを確認します
  • pキー:画面をjpgで保存します。印刷すれば驚き盤になります。
  • cキー:画面をクリアして、驚き盤を作り直します。
  • !キー:デモモードです。自動的に撮影を繰り返して驚き盤風のアニメーションが表示されます。