リアル・タイム・マシーン・フォー・テレビゲーム (2005)


  • テレビゲームを使用した体験型作品
  • テレビゲーム、TVモニタ、ケーブル、合板
  • 電子デバイス制作協力:二村 直広
  • 筐体制作協力:江田 由美子

 一人のプレイヤーが、6台の「スーパーマリオブラザーズ」を同時にプレイできます。一番遠いTVモニターから順に操作の入力が遅れていくので、プレイヤーの目の前のモニターでは操作とゲームプレイの間に大きな遅延が生じてしまいます。

SUPER MARIO BROS. (C)1985 Nintendo.
※写真提供:MAEKAWA Takashi, OKI Yoshiya

*Real-Time-Machine for Home Video Game (2005)

-Interactive installation
-Home video game, TV, Cables, Chipboard
-Collaboration with creating electronic device: Naohiro Futamura
-Collaboration with designing exterior: Yumiko Eda

In this work, you can play the video game, ”Super Mario Brothers”, on 6 TV monitors at same time. During playing the game, the time lag happens and increases from the furthest TV monitor to the TV in front of you little by little. You might be realized the big time lag on each TV monitor.

SUPER MARIO BROS. (C)1985 Nintendo.
※photograph:MAEKAWA Takashi, OKI Yoshiya