『リアル・タイム・マシーン展』決算報告

『リアル・タイム・マシーン展』 制作・開催当時のWebサイトで公開していた制作費用の報告エントリです。


個展決算

■個展終わった直後からサボってしまった。まあいいか。

というか終わったんで日常についてははてなダイアリーに戻そうかと思いますが、今回の個展関係でいくらくらい使ったか書いておこうかなと。あんな感じの(わりとメディアアート系、機材たくさん、ケーブル引き倒し、みたいな)個展をあんな感じでやると、どのくらい金がかかるかという参考になるかも。ならんかも。

今回の個展についてはギャラリー料金とDM料金についてはサポートしていただいていますので、おもに作品の制作費と搬入展示の経費を持ち出しで使いました。たぶんレシートが残ってなくて抜けてるのもたくさんありそうですが、とりあえずわかるところでこのくらい。

  • Real-Time-Machine for Arcade:120,000円くらい

    • 液晶ユニット:45,000円くらい
    • ゲーム基板、電源、コンパネ関係:25,000円くらい
    • 内部配線、スピーカー類:16,000円くらい
    • 合板製テーブル筐体、ペンキ、加工ガラス類:25,000円くらい
    • その他もろもろ
    • 借り物:ゼビウス基板1枚と電源系1式
  • Real-Time-Machine for TVGame:160,000円くらい

    • 21型TVモニタレンタル(6台):84000円くらい
    • ファミコン、ソフト、電源配線関係:22,000円くらい
    • 遅延デバイス基板、IC、ケーブル関係:30,000円くらい
    • TV台、ペンキ類:16,000円くらい
    • その他もろもろ
    • 借り物:ファミコン5台とソフト3本
  • PONG-ED:45,000円くらい

    • 内蔵PCのHDD,WLANアダプタなど:17,000円くらい
    • スピーカー、入力デバイス:20,000円くらい
    • プレイ台、ペンキ類:3,000円くらい
    • レンタルサーバ:5,000円くらい
    • 借り物:プロジェクタ1台(もう1台は自前)
  • 搬入・展示経費:50,000円くらい

    • 作品・機材運送費:35,000円くらい
    • アクリルフレーム、紙など:15,000円くらい
    • その他もろもろ
  • 合計:370,000円くらい

多分大きな抜けはないので、だいたいこのくらいでしょうか。うーん。高い? 安い? 展覧会の経験がある人に聞くと、まあそのくらいはかかるんじゃない、という反応でした(ふつうはギャラリー代も払うので、50万コースらしい)。ガビン先生に聞いたら「そんなもんなんだ。現代美術のひとは300万とか400万とか平気でかけてたよ」と言われた。うへー。

まあ時間がなくて安く上げる方法を探れなかったしムダな買い物も多かったので、どうやってもこんなかかるもんでもないでしょうが、だいたいは必要経費なような。接続ケーブル類が数をそろえるとわりとコストに響くんだなーと思いました。そんな感じで、あんな展示に40万もかけてんの、ぷぷ! と思っていただけると持ち出しした甲斐もあろうというものです。みんなも引越しとかHDDレコーダ買ったりするのやめて個展やるといいよ!