CEDECでのゼルダの伝説開発セッション

CEDECのタイムシフトは Video Speed Controllerで1.5倍速くらいにしつつで、10そこらくらいのセッションを観た。「キャラクターらしさ学習AI: 多数のキャラクターの個性や違いの可視化によるシナリオライティング支援システム事例」というセッションが面白かったらしいけど見逃しちゃった。とりあえずゼルダの伝説についてのセッションは全部ちゃんと聞けて(あと画面キャプチャなどとれて)よかった。

ワールドマップ制作のノウハウの話はもちろん面白かったんだけど、やっぱり一番衝撃的だったのは、ゲームエンジンに統合された(正確にいうとデバッグ版のゲームエンジンと接続された開発環境(「ゼルダエディタ」と呼ばれるゲーム内のすべてのアセットとデータを管理、制作支援する開発環境をすべての開発者が使用していたという)に統合された、かな)タスク管理システムを開発することが世界の磨き込みやゲームの完成に寄与した、これがなければ不可能だったという話だった。ゲームでもWebサービスでも開発のなかでなんらかの形でタスク管理システムを使用するのは普通のことだと思うけれど、開発する主体に密接なものとしてタスク管理(やその場にまつわるコミュニケーションシステム)を組み込んでいくアプローチというのはあまり聞いたことがない。そしてこれはもしかしたら、Wikiエンジン(江渡さんの『パターン、Wiki、XP』で示されたアレクザンダーのパターンランゲージから連なる文脈)に近い発想なんじゃないかな。ワールドマップ制作過程の話の中でも、制作途中のワールドに開発者がプレイヤーとして降り立ち、実際にその場を冒険し(デバッグ移動を使わず時間がかかってもキャラクターを実際に動かしながら)、その場の雰囲気や感覚を確かめながら地形や遊びを作り込んでいったというプロセスが語られていたけど、これもアレクザンダーのいう利用者(プレイヤー)参加型の建築手法に近いものかもしれない。

今回のゼルダの開発プロセスについては、CEDECのセッションでも扱われなかったものもあるっぽい(ゲームの要素のよい部分、悪い部分について匿名で投稿し、意見への賛否が可視化される掲示板があったとか →週間ファミ通2017年4月20日号『特集 開発秘話から紐解く新たな『ゼルダ』の姿』を読んだ)ので、誰か徹底取材して1冊の本にしてくれたりしないかな。


ATOK 2017 for Mac

去年の12月になんとなく思い立ってATOK 2016を購入して使っている。それまではGoogle日本語入力をとくに不自由もなく使っていて、ふとATOKってどうなのかなと思って変えてみたんだけど…ぜんぜんよくなかった。かな漢字変換の制度はほかのIMEと大差ないように思えるし、変換確定の学習の影響なのか使っているとどんどん変換精度が下がるように見えること(文頭の「の」を「乃」に変換するのとかバカと名高かったASK68Kを彷彿とした)、あとATOKインサイト(他アプリで表示中のテキストから変換候補の優先度を変更する機能)がバグってるのか時々異常に長い変換候補が出てジャマだったり、いいとこなし。

で、シャクだったので6月に出たATOK 2017にアップデートしてみて、多少なりともよくなってるのか試してみたところ…なんかだいぶよくなってる気がする。辞書がリセットされたとかそういうことかもしれないけど。これで駄目ならGoogle日本語入力に戻そうと思ってたんだけど、とりあえずまだしばらく使うことにした。プログラムのパフォーマンスも上がっているのか、とくにATOKイミクルという付属辞書をワンタッチで引くサブ機能がわりと使えるようになってるのがわりとうれしい。

ただ、上記のATOKインサイト由来(?)の異常に長い変換候補については直らなかったので、変換候補を削除する方法ないのかなと調べてみた。

これだ。しかしMac版はこれではだめだった。Ctrl + Dではなく、Shift + Ctrl + Dにバインドしてある。これでアホみたいに長い候補が消せた。


マイナーなSF映画

(最近こればっかりだけど)SF作品をいろいろ調べていて、観たことなくて設定的に面白そうなSF映画のDVDを借りてきていろいろ観た。

ダグラス・トランブル『サイレント・ランニング』

『2001年宇宙の旅』特撮監督ダグラス・トランブルの監督差品なんだそうで、1972年の作品としては特撮や宇宙船内描写が凝ってておもしろい。本来作業用なのにプログラムを書き換えて主人公の怪我を手当したりカードゲームの相手をしてくれるロボット(作中ではドローンと呼ばれる)がかわいい。映画としてはテンポが昔の映画だなあという感じだったけどおもしろく観れた。

マイケル・クライトン『未来警察』

マイケル・クライトン自身の監督作品なんだな。ロボットのトラブル専門の警察チームのバディムービーで、いろんなロボットが出てきておもしろい。B級映画ぽい感じで楽しく観られた。

マルコ・ブランビラ『デモリションマン』

タイトルは聞いたことあるけど観たことなかったやつ。管理社会で人々がだいぶマヌケな感じになっている未来社会に、冷凍睡眠から目覚めたデモリションマンことシルベスター・スタローンが大暴れという映画なんだけど、未来社会のディテールがギャグタッチで細かく描かれていて興味深い。映画としてはあんまり面白くないけど。


アルバロ・ロンゴリア『プロパガンダ・ゲーム』を観た

The Propaganda Game | Netflix (ネットフリックス)


Netflixで。北朝鮮政府に外交官として務める唯一の外国人アレハンドロ・ベノス氏に1年間交渉した末、例外的に滞在・撮影を許可された監督による北朝鮮のドキュメンタリー。政府の許可の元でのでの撮影だけあって基本的には北朝鮮が見せたいもののみが映っているという印象だったけど、なんというか「カメラに映り慣れてない」ように見える風景は新鮮だった。


深田晃司『淵に立つ』を観た

映画『淵に立つ』公式サイト


『ほとりの朔子』を観てよかったので内容全然知らないまま『淵に立つ』も楽しみとか言ってたんだけど、観てみたらタイプがまったくもって違う映画でびっくりした。『ほとりの〜』からの流れで観た僕としてはちょっと話を劇的に盛りすぎかなという気もしてしまったけど、気合いの入った、イヤさに身を揺さぶられる映画だった。


CEDECをタイムシフト受講してみた

今年のCEDECは任天堂社員によるゼルダの伝説BotW開発についてのセッションが多数あり話題になっていたので、ためしにセッション録画の期間限定視聴が可能になるタイムシフトパスを購入してみた。通常申し込みで11,340円(事前登録だと10,800円だったみたい)。

受講申込 | 公式サイト | CEDEC 2017 | Computer Entertainment Developers Conference

支払うと会期から1週間後(8/31-9/8)の期間限定で、CEDECでのセッションの多く(配信ありとなしの違いはよくわからないけど)がストリーミングビデオで視聴できる。配信されている動画はいま数えたら178個あってとても全部は見れないな。ゼルダ関係だけでも1時間のセッションが8つある。ゼルダのセッションを中心に視聴していて、まあ4Gamerのようなサイトでのレポートはけっこうちゃんと内容をカバーしているんだなと思った部分もあるけど、期間限定とはいえ1万円でこれだけのコンテンツが見られるのはとてもいいなと思った。


2017年8月のまとめ

19エントリ。SFマンガをやたらとあさって読み始めた。

ちなみに「そのうち絶対なくす」と書いていたambieのイヤーピースはさっそく一つ落としている…



深田晃司『ほとりの朔子』を観た

映画『ほとりの朔子』公式ホームページ


WOWOWの録画で観た。すごいよかった。深田監督の映画はじめて観たけど会話シーンの自然さがすごいね。うまいのでエキセントリックな役になりがちな二階堂ふみがただただ迷っている浪人生という役なのもよかった。あの意味もなく華やかな水着シーン(薄曇りの天気のほうが登場人物の心情をうつしているような)もよかった。

『淵に立つ』も録画したので観るの楽しみ。たまたまだけど劇中の日付がちょうど8月31日をはさんだ日々で、あっと思った。


宮藤官九郎『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』を観た

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』公式サイト | 鬼ヒット 上映中!


WOWOWで録画してたのを観た。面白かったけど映画という感じじゃなかったな。序盤のたたみかけるような台詞ギャグのシーンで、いくつかのテイクをぶつ切りでつないだ、映画はもちろんTVのバラエティとも違う、どっちかっていうとYouTuberの動画みたいな編集になっているとこがあって、すごい違和感あったけど意図的だったのかな。